「au」タグアーカイブ

au DATA01 を契約

au by KDDIのデータカード au DATA01 を購入してみましたよ。CDMAとWiMAXを切り替えて利用できる、スグレモノ。CDMAでは3.1Mbps、WiMAXでは40MbpsとエリアのauとスピードのWiMAXを一つの契約で利用できます。

2009年9月に発表されましたが、難産で実際の発売は2010年6月でした。

■契約形態
auケータイを持っている人はWINシングルセット割がおすすめ。5,25o円で購入しました。

■インストール
データカードをUSBポートにさし込めば、CD-ROMドライブとして認識し、AutoRunが始まります。そこからドライバーとユーティリティがインストールされますが、他社のデータカードと比べると時間がかかります。おおむね5分程度かかり、ドライバーのインストールに時間がかかっているようです。インストール後再起動を促され、再起動後にWiMAX部のドライバーがインストールされます。

■CDMA部の速度制限は結構厳しいけど、エリアは満足
ドコモのようなポート制限がない代わりに、通信速度制限(規制)は結構厳しめです。1分30秒程度のyoutube動画であれば十分に間に合いますが、それを超えると間の長い間欠再生になります。

通信速度自体は他社(イー・モバイルやドコモ)と比べると3割程度遅い感じ。Webをみる分には十分な速度がありますが、adobeのWebのようにFLASHをガンガンつかったようなWebは一呼吸待つ感じです。

高速道路での移動しながらの通信は、おおむね80Km/Hまでの速度であればネットワーク接続できます。100Km/Hを超えると通信そのものは維持されていますが、1秒に1回程度Pingを送ってみると戻ってきませんので、通信は出来ないようです。

■WiMAX部はつながればラッキー
自宅(台東区浅草)&会社(世田谷区)では圏外。自宅で窓を開けるとようやくアンテナが1本立つかどうかというところ。これが噂に聞いていた窓際インターネットか。

しかし、つながれば動画再生も十分耐えられる快適な通信速度です。制限らしい制限はないので、Try WiMAXなどで使えることを確認した上で契約することはおすすめです。

■難点はユーティリティの出来
二つのデバイスを単に一つのパッケージに収めているだけという、特にひねりのない構成なのに、かなり使いづらい。一番の欠点はアプリケーションを起動してから接続できるようになるまでの時間。おおむね1分程度かかるため、心に余裕が必要です。

■可能性を信じて契約してみるのもあり
室内でWiMAXを利用できるケースはかなりまれであるため、CDMAでの利用がメインになります。ユーティリティの出来がいいとはいえないため、モバイルで気軽に利用するには大きな改善が必要です。

W41S LISMO高音質化。しかし…

 以前のエントリーでW41Sを購入し、思ったよりもLISMOがよかったと記述していますが、Googleで検索してみるとBit
Rateを任意の値に変更する方法があったので試してみました。

 レジストリの以下の場所にある「Bitrate」を任意の数字に変更するだけです。初期設定では「48」に設定されています。
(画像をクリックすると拡大します)

 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\KDDI\auMusicPort\SystemInfo\Users\001\Music
Library\Bitrate

reg

 64Kbps化をするとかなり音質があがり、不自然だった中音より上の音が聞けるレベルになります。
ハーモニーも分離するようになりますが、ハイハットがシャカシャカするのは変わりません。

 W41Sでも再生でき、音質向上のメリットを享受できますが、曲の出だしで大きめのノイズが発生するので実用にならず。
曲中にはとくにノイズがでないだけに惜しい。

 ちなみにW41SでSanDiskの1GメモリースティックPro Duo 「SDMSPD-1024」 は特に問題なく使えています。

 

SDMSPD-1024-J60 Memory Stick PRO Duo 1GB
サンディスク (2005/03/18)
売り上げランキング: 148

 

 

今頃になってW41Sに機種変

■すでに使っていた携帯が19ヶ月以上だったのでとりあえず変えなきゃ

  A1402SⅡを19ヶ月以上使っていたので、機種変を考えることに。前回機種変したのは2004年11月17日。
2年近くも使うなんて、ある意味あり得ない。魅力的な機種がなかったということもあるけど、
地下鉄でパケット通信の利用が現実的ではないので、京ぽんでパケット通信をしていたから、
携帯の機種変をする動機がなかったというのが正解か。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

時間の渦:
au安心サービスは実用的か?

結局、機種変することにして、やっぱりソニエリのA1402SⅡ
15,800円ナリ。(7ヶ月以上の場合)

 

■夏モデルが期待はずれだった

 au
by KDDIの夏モデルが発表
されました。が、期待はずれ。春モデルほどのインパクトはないなぁというのが感想。
ウォークマン携帯やG-Shock携帯が目玉として取り上げていますが、今回のモデルはすべて微妙なんですよね。画竜点睛を欠く感じ。
(東芝と京セラは宗教上の理由から購入することはないので、無視ということで)

 中途半端な点をつらつら書いてみると、

  • W42Sは日本で初めて「ウォークマン携帯」を名乗っていますが、本体内蔵1GBメモリーはLISMO用でSonic
    Stageで作成したファイルは保存できない。つまり外部メモリー(メモリースティックDuo)が必要。
    形状がスライドタイプなのでキーが小さく、カーソルなどの頻度の高いキーが離れた場所にあるので使いづらい。
  • W42CAはG-Shock携帯初のWIN機。大きさ重さは耐水性の代償なので仕方がないでしょう。
    注意点はメモリーカードがMicroSDカードを使用している点です。miniではないですよ。デザインは先進性・
    未来感を意識しているらしいですが、好きずきですね。
  • W42Hは夏モデル唯一のFelica対応携帯です。それだけ。以上。可もなく不可もなく。一昔前のカシオな感じです。

 参考:SVGの遊び部屋さんのWebに
最近の機種 au
06夏モデル
」がありますので、カジュアルな比較には非常に便利。

■結局春モデルのW41Sに

f_02  夏モデルの購買意欲がなくなったので、すでに発売済みの春モデルから選択することに。
W41SW41CAが妥当な感じだったので、
比較するとW41CAの方がいいかなと思っていると、W41Sにはマイク付きリモコンが標準装備。これ結構重要。
携帯で2時間以上程度話をするにはハンズフリーにすることが必須なので、W41Sに決定。あとFelicaもポイント高い。

■W41S:使用感はかなりいい

 サクサクとした反応が返ってくるので、ストレスがたまりません。キーが細長いので打ちづらいように感じますが、
打ち間違えをするほどではありません。フルブラウザはうれしいOperaです。Webの再現性はかなり高く、Netfrontとは別世界。

 LISMOを起動していなくても、リモコンのプレイボタンを押せばBGM再生になるのは心憎い出来。

LISMOは思ったよりはイケている

 LISMOは一部でiPodキラーとかいわれていますが、マーケティングとしてみると非常にうまいところをついていると思います。
iPodやウォークマンを買う層とは明らかに違い、主要ターゲットは高校生~大学1年次でしょう。

 音質に関してはHE-AAC 48Kbpsのわりにかなり健闘しています。ボーカルなどの中音はきっちりでています。
音楽プレイヤーとしては以下のような弱点がありますが、ターゲットがそこまでこだわるとは思えません。
現在20代後半以降の世代の方はカセットテープを使っていた記憶があると思いますが、
PanasonicやSONYなどの音響メーカー以外のカセットデッキで録再していた人は意外と多くありませんでしたか?
 このようにとりあえず音が出ればいいという層にはLISMO程度の音質であれば十分でしょう。
(悲しいことにドンシャリで音圧が高ければ満足っていう人は多いです)

  • ステレオ感が喪失する
    左右45度以上角度のついた音であればしっかりと音が左右に分かれますが、
    20度程度のところにある音は真ん中に定位してしまう。
  • ハーモニーが消える
    バックコーラスなどのハーモニーが一つの音になる。
  • 高音がシャリシャリする
    特に顕著なのがハイハットなどの打楽器とストリングスなどの弦楽器の音が非常に堅くなり、シャリシャリした感じの音になります。
    倍音成分がかなり消えるのでギターはなんだかなぁという感じに。
  • 低音が薄い
    ベースがベースじゃなくなり、バスドラもかなり軽い感じになります。
  • 音が割れる
    音圧が高い曲は時折音が割れます。

 上記のような弱点に気づく人は専用音楽プレイヤーを購入するでしょうし、
気づかない人は一度作ったライブラリを再構築する手間などを考えると、auを継続使用する動機になるでしょう。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

ケータイ新機能チェック
LISMOで始める音楽ケータイ – Impress ケータイWatch
 「au Music Port」
に取り込んだ音楽CDの楽曲ファイルに関しては、パソコン単位の管理となり、例えば「au Music Port」
で電話番号の違う複数台の携帯電話のデータを管理している場合でも、機種ごとに音楽CDから楽曲ファイルを取り込む必要はない。

 ちなみに再生時のヘッドフォンは高価格なものは使わない方がいいでしょう。
比較的価格の高いヘッドフォンは音がフラットに出ますので、非常に寂しい音になります。
W41Sであれば標準添付のMDR-E808で十分気持ちよく(適度にドンシャリ)聞けます。

■まとめ

  春モデルの中であまり特徴のないW41Sといわれていますが、Felicaやコンパクトなボディなど、
携帯を実際に利用する上では非常にバランスよくまとまっています。おすすめの一台です。

今日の出来事

■au(KDDI)がんばってます
 auの特定機種を1年以上使用していると、A4サイズのカタログ状のDMが送られてきているようで、
特定機種への機種変であれば3,150円値引きのオファーがついてきます。

 まぁ、ここまでであれば普通のことですが、電話までかかってきました。DM到着の確認といかがですか~と機種変の勧めがありました。
今年2月にも同じようなDMが着ており、2回目だったので機種変をしようとよくDMを確認すると、「W41CAが対象外」。ダメじゃん。

 春モデルでFelicaが使えるのはW41SとW41CAだけですが、W41Sはキーが小さすぎるのでパス。
W41TはHDDつきですが、でかすぎて持つ気にならず。neonは片手で開閉しづらい&厚すぎる。と、いうわけで夏モデルまで待とうかと。

 

■ペリカーノ ジュニア / ペリカン
hand  ペリカン ペリカーノ ジュニアはお子様向け万年筆。 1,200円とは思えない書き味で、
3,000~5,000円相当に感じます。

 ペリカン ペリカーノジュニア Pelikano Junior ブルー

 購入した理由は、適切な持ち方に矯正するためのガイドがあるからです。なぜ今頃矯正という感じですが、筆圧を下げるためです。
万年筆は筆圧が高いとペン先が広がって字がかけないので、自然と筆圧をコントロールするようになりますし、
ガイドで常に適切な持ち方に矯正されます。pen

 ペンとしての本質ではありませんが、見た目はスケルトンで1,200円という感じには見えません。ちょっと安っぽい。しかし、
それを補うほど書き味は抜群です。キャップにはクリップがないので、ペンケースが必要ですね。

 最近のブルーブラックインクは染料だけで構成されているようですね。本来のブルーブラックインクは、
インクが酸化することにより紙に定着します。故に耐光性/耐水性が他の水性インクに比べると高いわけです。しかし、
以下の引用のようにコストリダクションの影響からか、残念な結果になっています。詳しくはフルハルターさんのWebで確認してください。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

インクの王道ブルー・
ブラック-光と影- その1 / 万年筆専門店フルハルター

 昔、万年筆のインクといえばブルー・ブラックが王道だった。これはボールペンが登場する前のなごりで、
公式書類を万年筆で書いた時代が日本にもあったからであろうか。そのような時代、一番苦心されたのは、インクが雨で流れたり、
古くなって消えてしまったりすることであろうことは想像に難くない。しかし、ブルー・ブラックは永遠に消えない。そんな神話があった。

インクの王道ブルー・
ブラック-光と影- その2  / 万年筆専門店フルハルター

 万年筆用に作られたブルー・ブラックは、第一鉄イオンが酸化して第二鉄イオンに沈殿することを利用して作られている。つまり、
無色透明の酸化鉄溶液を万年筆に入れて文字を書くと、書いたときには透明だが、
しばらくすると酸化作用によって黒く文字が浮き上がってくるのである。しかし、
それでは不便なので青い色を染料として付けたものであるという。色合いが染料の青と化学作用によって作られた黒が混ざってブルー・
ブラックという色になっている。だから理論的には、書いた時点では青と黒の間のような色合いであるが、時が経つと黒だけが残る。そして、
この黒は水にも強く、消えないという。これが本来のブルー・ブラックの組成だそうだ。

 いががであろうか? 消えない、という神話は崩壊した? 多くのメーカーのインクが色落ちしている。
 まず、耐光性テストだが、Montblanc(ボトル,カートリッジ),Private Reserve,
Sailorが比較的色落ちしていない。Platinum,Pilot,OMAS,Sheafferは見るも無惨に退色している。

 次に、耐水性テストでは、Pilot,Private Reserve,Pelikan,Montblanc(ボトル),Athea
ink,Sailorが比較的色落ちしていない。逆にWaterman,Parker,Montblanc(カートリッジ),OMAS,
Sheafferは見事に色落ちしている。水道水で洗うときインクが流れるシーンを映像でお見せしたいぐらいである。

 

■女王の教室の番外編
 放送後、1ヵ月後に見ました。あんな過去があったなんて。気道確保してきちんと人工呼吸してました。感心感心。

あれっ、スミアってCMOSでも出るの?

kakaku.comのW41CAの掲示板を見ていると、

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

[4813468]
カメラ画像について・・・【価格.com】

今日、41CAの実機をショップで試したところ
光源に向かってカメラを向けると
画像に縦縞が出てしまい、写した画像にもそれが残っていました。
これはCMOS特有のもので、避けられないのでしょうか?

スミアはCCD特有のものでCMOSはほとんど起こらないものと思っていました。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

第5回 :
CCDの電荷バケツリレーのしくみ デジカメの「しくみ」
:飛鳥社
1つの垂直転送用CCDに納まりきれずに飽和した電荷は、隣の垂直転送用CCDにあふれ出してしまう。
これが連続してあふれ出してしまうと、写真には、縦に一筋の白い帯状の部分が現れてしまう。これがスミアの正体だ。(
『体系的に学び直す デジタルカメラの方のしくみ』(神崎洋治・西井美鷹:著/日経BPソフトプレス刊)より引用)

何なんでしょうかねぇ… すごく気になる。