「amazon」タグアーカイブ

Googlezonってありえそう… / EPIA2014

 ちょうど2年前に話題になったEPIA2014。いつの間にか日本語字幕つきが有志の力により公開されたので、お暇な方どうぞ。
ただし、面白くはありませんし、10分程度とちょっと長め。

http://www.probe.jp/EPIC2014/ols-master.swf

 2014年までのメディアヒストリーを模した近未来フィクション。Googleがこのまま進んでいくと既存メディアを飲み込み、
各種サービスを通じてBig Brother(ジョージオーウェルの1984に出てきた支配者の名前)
になろうとしていることへの危機感を表しています。

 落ちとしてNew York Timesが陥落し「オフライン」メディアになるというところで終わっています。

 2004年当時よりも現在のほうが、リアリティを感じます。Youtubeを買収にしてもGoogleからすれば、
テレビメディアからオンラインメディアに流れたほうが、自分の支配できるところになるわけですし。

 はたしてどこへ進む気なのか。Google。

 

最近購入したもの

■SIGGボトル

 Gymで飲むペットボトルは自販機から購入するのではなく、スーパーの常温売り場に置かれているものを買っています。
冷たい飲料は体を冷やすかということもありますが、
いつも飲んでいるミネラルウォーターが自動販売機におかれるようなメジャーブランドではないということもあります。
飲んでいるミネラルウォーターはダノングループの「naya
でカナダ産のナトリウムの少ない水です。硬水ですが、常温でもおいしく飲めます。(多くのミネラルウォーターは常温だと不味い)

 どのくらい飲んでるのかなと、チェックをつけていくと500mペットボトルで90本。全部ごみとして捨てているんですよね。
ちょっと反省。

 可能な限りエコ生活を目指しているので、水筒を持ち歩くことにしました。実際にはペットボトルを買っていたほうが楽だし、
ボトルを携帯するコストを考えると実際にはペットボトルよりもコストが高いのですが、まぁ趣味ということで(^^;

 物色してみるといいのがありました。SIGGのボトルですがデザインがかなりいい。
楽天やYahoo!ショッピングで検索してみるとほぼどこでも同じ値段で、送料が若干違う程度です。
まさかamazonに無いよなと思ったら、
ありましたorz… 1,500円以上であれば送料無料なのでSIGGボトルの購入はamazonで決まり。

 

 サイズ(内容量)は0.3L~1.0Lと富んでいますので、必要量を選べばいいでしょう。

 いい点

  • デザインがいい。シンプルでいやみが無い感じ。
  • 丈夫。あまり傷つかない。へこんでもそれはそれで味になる。
  • オプションが豊富
  • 炭酸飲料やアルコールはOK

 悪い点

  • 保温性はあまり期待できない

 買ってよかった一品です。

書評:ウェブ進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫
筑摩書房 (2006/02/07)

 2003~2005年にかけてWebで起こったムーブメントがわかりやすく書かれている本。95~98年あたりにまかれた種がビジネスとして結実し、ビジネスを変革させることのできる/できた技術/仕組みが簡潔にまとめられている。梅田氏はベイエリア(いわゆるシリコンバレー)在住でインターネットのアプリケーションレイヤー層で起こったをWatchしている。
 「Google」「ロングテール」「Web2.0」とキャッチーな言葉で語られているが、本質はビジネスを高効率で回転させ、薄い利幅をとる仕組みとそれを幅広くすることで売上を確保するということを言っている。Googleにしても知の集積とそれを発見するテクノロジーを用いて多くの人から薄く利益を上げている。

便利です amazlet

 便利です。amazlet

 amazletはNDO::Weblogsさん作のAmazonco.jp用アフィリエイト簡単作成ツールです。Bookmarkletになっているため、従来のMovableType用のプラグインなどのように一手間(^^;かけることなく、かんたんに設置することができます。

 amazletを使うと↓のように「タイトル」「製品画像」「価格」のHTMLが一発で生成されます。

Blog Hacks ―プロが教えるテクニック&ツール100選
宮川 達彦 伊藤 直也
オライリー・ジャパン (2004/08/07)
売り上げランキング: 20,714

最近は画像ファイルの著作権(たとえそれが宣伝につながるものであろうとも)に敏感な会社が多いので、非常にありがたいです。感謝!