「映画」タグアーカイブ

「初恋」結構おもしろかった

 「初恋」。
ギャガコミュニケーションズ配給の邦画。久々にウルっとくる邦画。

 以下あらすじ。

 主人公のみすず(宮崎あおい)が多感な高校生の時にジャズ喫茶「B」で知り合った「岸」との初恋を描いた作品。

 60年代の学生運動が盛んな時代に不幸な生い立ちを持つみすず。常に孤独だったみすずが「B」
に生き別れた兄がいることを突き止めた。「B」に通ううちに岸達が、世間を煙に巻こうとする計画を考えた。現金強奪事件。そう、
府中三億円事件。

 好きだから同じ時間、同じ空間を共有したい。実行犯として岸とともにやり遂げるみすず。切ない恋を成し遂げるために。
結果としてそれが永久の別れのきっかけともなるとも思わずに。

 

 5分の4あたりでみすずが「このままじゃ何も変わらない」と空に向かって叫ぶシーンは、
現状の破壊と新たな自分への一歩を表していて、グッときます。

The Bridge

 サンフランシスコといえばゴールデンゲートブリッジというぐらいに有名な観光地ですが、
有名であるがゆえにここは自殺の名所になっています。

 この名所で1年間飛び降り自殺を淡々とフィルムに収めていったのが、Eric Steel作の
The
Bridge
」という映画。

 飛び降りシーンだけでも目を覆いたくなるものがありますが、さらに自殺者の家族・友人・
目撃者それぞれに追跡インタビューをかけています。

 現在アメリカでこの映画は「自殺を幇助している」「自殺を抑止している」という議論が白熱しています。

 私はあの追跡インタビューが自殺しようとしている人に対して、自殺すると周りの人の悲しみがわかり、自殺を抑止していると思います。

 The Bridge
| San Francisco Film Festival