「割り箸」タグアーカイブ

お里が知れるなぁ 産経新聞

 産経新聞の割り箸記事ですが、何か違和感を感じませんか?

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

1本5円高い、
安い?ミニストップが割りばしの有料販売全国展開へ-ビジネスニュース:イザ!

 コンビニエンスストア大手のミニストップは19日、割りばしの一部有料販売の全国展開を始めた。有料割りばしには奈良県吉野産のヒノキの間伐材を使用し、
「林業の活性化に役立ててもらう」(同社)狙いだ。
 有料の割りばしは「5円の木づかい」と名付けられ、価格は1本5円。

 そう、箸の単位です。箸の単位は「」です。

 問題なのは記者本人/編集部/校正が気づかずにそのまま載せているということです。
ミニストップのプレスリリースからのコピペだろうと思い、同社のリリースを確認すると、きちんと「膳」と表記しています。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


「5円の木づかい」箸全店展開に向けて – ミニストップ 9-8-2006

2006年6月より『5円の木づかい』とネーミングした国産材(奈良県:吉野地方産のヒノキの間伐材等)
を原料とした1膳用の割箸を直営店5店舗で、実験販売しておりましたが、9月19日(火)から、全店へ販売店舗を拡大していきます。

 記者本人の思いこみで書かれたケアレスミスの範疇の記事ですら直せない産経新聞編集部に記事の信頼性を求めるのは酷なんでしょうか。

 

 閑話休題。

 ちなみに、このミニストップのプレスリリースはちょっとひどい。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


「5円の木づかい」箸全店展開に向けて – ミニストップ 9-8-2006

この取り組みは、社会的な側面が強いエコ活動であり、ミニストップ1店1店の加盟店のご理解とご協力がなければ、
展開は広がって行きません。

 プレスリリースは報道関係者向けに発行されるもので、加盟店向けのものではありません。「加盟店のご理解とご協力」
なんてのは普通書きません。後述に「フランチャイズチェーンであり、個別加盟店が独自の判断で販売しています。
展開時期や実施店舗は順次展開になります。」とありますが、リリースに書くのはお家事情をさらしているだけです。
また個別加盟店が判断しているのであれば、展開できない可能性もありますので、順次展開という表現は適切ではありません。

 本部と加盟店の力関係が透けて見えますが、広報としては失格です。

 ミニストップはこの取り組みを「地球温暖化防止につながります」とアピールしていますが、これは誤解です。
確かに森林は短期の二酸化炭素貯留にはなりますが、長期にわたっての固定にはつながりません。森林の伐採を行い消費してしまうと、
結果多くの木材は焼却されます。森林を二酸化炭素の固定の手段として使うのであれば、木材を数世紀にわたって使用に耐える建築物に使い、
伐採した場所に植林すべきです。それでも長期の視点に立つと収支はいずれプラスマイナスゼロになります。

 本当に地球温暖化のことを考えれば、化石燃料の消費につながる行為を抑えるべきでしょう。
例えば運送トラックのエネルギーをガソリンから水素に切り替えるとか。(水素トラックはまだ実験段階ですが、乗用車はBMWがBMW
Hydrogen 7を2007年から量産します)

 本当の意味で温暖化防止について考えて欲しいものです。

ちょっと情けない、ものの数え方をレクチャーしないといけないのか…

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


Livedoor – 日本の割り箸がピンチ、中国側が大幅値上げを要求

森林保護の一助に、有料化推進を―本間俊典(週刊エコノミスト編集委員)

 たかが割り箸、されど割り箸・・・・・・。日本の割り箸(ばし)業界が、いま大変だという。
主要輸入先の中国から大幅値上げ要求を突きつけられ、そのコスト負担をどこでするか、頭を痛めているのだ。われわれ消費者も、
日常生活で何気なく使い捨てている割り箸について、それでいいかどうか本気で考えるべき時期にきている。
それほど奥行きのある問題なのだ。

 いろいろ調べてみると、日本の年間輸入量は約240億膳。膳というのは、割り箸1本のことで、日本の人口で割ると200膳。
日本人は年間で200本の割り箸を消費している計算だ。そんなに使っているかなあ?

わざわざ「割り箸1膳のことを割り箸1本のこと」と注釈しないとわからないというのは、非常に情けない状況ですよね。
記事の本質よりもこの部分が気になってしまいました。

福島中央テレビちょっと便利帳 ものの数え方・
助数詞

実際的には1膳あたり1~2円程度の値上げと小幅なため、
弁当などに添付している箸の場合には食材のコスト低減で十分吸収されるでしょう。