「事故」タグアーカイブ

携帯電話の爆発で死亡

 ついに携帯電話が原因で死亡者が出ましたよ。
 胸ポケットに入れておいたモトローラ製らしい※携帯電話のバッテリーが爆発し、その破片が突き刺さって死亡。
 対岸の火事のように感じますが、最近のソニーやサンヨーのバッテリートラブルがありましたし、バッテリーそのものが中国製のものが増えていることを考えれば、当面鞄の中に電話を入れておくことにしましょう。

That’s right, an exploding cell phone has been blamed for the death of Chinese
welder Xiao Jinpeng, working at Yingpan Iron Ore
Dressing Plant in Gansu’s Jinta county. In what we suspect is the first case of
an exploding gadget actually killing a man, the battery in Xiao’s Motorola cell
phone exploded while in his shirt pocket. The explosion was linked to
high-temperatures in the plant, according to colleagues – that must have been
some crazy-hot work environment.

Motorola phone battery explodes – kills Chinese welder! – IntoMobile

 甘粛ジンタ郡のYingpan Iron Ore Dressing Plantで働く中国人の溶接工Xiao Jinpengさんは、携帯電話の爆発によって亡くなりました。Xiaoのモトローラ製携帯電話のバッテリーは彼のシャツのポケットで爆発しました。本当に人を殺した爆発したガジェットの最初のケースです。同僚によると、爆発は工場(プラント)の高温が結びつけました。非常にあつい労働環境であったに違いありません。

The fatal battery failure took place on June 19 and resulted in Xiao’s death on
July 4th. The battery explosion broke the welder’s ribs and fragments of the
casing pierced his heart. Authorities are investigating the incident –
particularly whether or not the man was using an authentic Motorola phone and
genuine Motorola battery (we all know how prolific Chinese knock-offs can be).
If the device turns out to be a bona fide Motorola product, the embattled
mobile phone manufacturer
could be in for some fun times. Motorola Beijing
is brushing off any responsibility and even suggesting that Xiao was using a
Motorola fake. Way to lay down the damage control, Motorola. Denial and
non-responsibility always works best, just as the White House.
Motorola phone battery explodes – kills Chinese welder! – IntoMobile

 致命的なバッテリーの故障は6月19日に発生し、7月4日にXaioは死にました。バッテリー爆発は溶接工の肋骨を折り、ケースの断片は彼の心臓を貫きました。当局は事件を調査しています。特に彼は本物のモトローラ製携帯電話機やまがい物ではないモトローラ製バッテリーを使用していたのか(皆さんご存じの通り、中国ではイミテーションが豊富です)。本物のモトローラ製携帯電話機であることがわかれば、陣容を整えた携帯電話メーカーは若干楽しい時間に直面しそうです。モトローラ北京はどのような責任も認めず、Xaioがモトローラの偽物を使っていたことを示唆しています。断固として主張するのは、モトローラのダメージコントロールの方法です。ちょうどホワイトハウスのように、否定と責任回避は常に最良の手段です。

※中国では携帯電話の模造品もあるので、本当にモトローラかどうかは現在不明です。