「ファームウェア」タグアーカイブ

RD-XS57のファームウェアアップ

 なかなか業の深い仕様のHDD&DVDレコーダRD-XS57ですが、
少しうれしいファームウェアのアップデートがありました。

インプレスAV
Watch – 東芝、RDシリーズのファームをアップデート

■RD-XS57/XS38/XS37

  • リモコンを連続早押しすると、反応が遅くなる不具合
  • 編集作業中に電源をOFFにすると、次回電源ON時、設定メニューの画面表示が、「切」になる不具合

 ロケーションフリーテレビを通してインターネットからリモコン操作を行うと2呼吸ぐらい反応までに時間がかかっていたのですが、
1呼吸ぐらいまで反応時間が低減しました。今まではIP変換に伴うタイムラグと思っていたのですが、何のことはない、
ただ単にRD-XS57の反応が遅かっただけでした。ちょっと快適♪

 ついでにロケーションフリーテレビのWindows用プレイヤーのアップデートもありましたが、
こちらはFIXだけで機能強化はありません。少し悲しい。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

インプレスAV
Watch – ソニー、「ロケーションフリープレーヤー」
をアップデート
 最新バージョンのVer.2.0.19.54では、対応リモコン機種を追加したほか、
Windows 2000/XPのマルチユーザーに対応した。

 新たに対応したリモコン機種は、同社の「Xビデオステーション」や、
ソニー/松下/日立/シャープなどのハイビジョンレコーダなど。対応機種については同社ホームページで公開されている。

 RD-XS57をお持ちの方は絶対に適用したほうがいいファームウェアです。

 

OpenIXP登場

最近多くのコンピュータ製品にLinuxなどのオープンソースを利用した製品が登場しています。オープンソースを利用した製品の多くはGPLに準拠しており、製品供給者は利用者の求めに応じてソースコードを公開する義務があります。

特にブロードバンドルータなどのネットワーク製品はLinuxの採用率が高く、リンクシスやバッファローなどコンシューマ向けネットワーク製品の大半はLinuxで動作しています。

この公開されたソースコードをハックするユーザーが出現し、有名どころではリンクシスの無線LANルータWRT54Gに多くのカスタムファームウェアが作られています。不満がある部分は改良され、機能強化が行われています。

そしてついに、WRV54Gにもカスタムファームウェアが登場しました。OpenIXPと呼ばれています。OpenWRT Kamikazeの機能をターゲットに開発されています。

現実にはWRV54GにJTAGを通してシリアルを出してコンソールからファームウェアを転送する必要があるので、かんたんにファームウェアのアップデートはできませんが、期待が持てます。


OpenIXP