「ニュース」タグアーカイブ

「Choix」 気づけばDiggライクなソーシャルニュースサイトが出来ていた

 Diggライクなソーシャルニュースサイト「Choix」(選択という意味のフランス語)が日本でも登場しました。
基本はソーシャルブックマーク(みんなでブックマークを共有する)ですが、
みんながブックマークしたニュースは他の人が見てもおもしろい/興味があるだろうという投票方式のニュースサイトになっています。
さらにコメントを残すことが出来るので、他の人がどのような考えを持っているのかを興味深く見ることが出来ます。
自分のBlogに残すには躊躇しますが、このような気軽にコメントを残せるのはいい感じですね。

 ニュースの投稿もブックマークレットでかんたんに追加できます。
投稿したニュースやコメントをPDFやEXCEL形式で残すことが出来るので,、後で振り返るときのきっかけになります。PDFは
こんな感じ
で作成されます。

 また、個人情報の登録も最低限で、
任意のユーザーID/パスワード/メールアドレス/生まれた年/郵便番号だけというのは好感が持てます。
(入力したパスワードの強度を表示するのはGood)

 多くの人が使わないとニュースの精度が高まらないので、しばらくは偏るでしょうが、それは時が解決するでしょう。

 

しっくりこない積水ハウス

 なんかしっくりこないなと思った記事。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


在日差別発言で顧客提訴 積水ハウス、社員を支援 | エキサイトニュース

 大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)に勤務する在日韓国人の徐文平さん(45)が31日、「差別発言で傷つけられた」として、
大阪府内の顧客に300万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求め大阪地裁に提訴した。
 積水ハウスは「雇用管理や社会的責任の観点から支援していく」として、訴訟費用の負担や、
裁判に出席する間を勤務時間と認めるなどの措置を取る方針。原告側代理人によると、
社員が受けた差別発言をめぐり企業が訴訟を支援するのは異例という。

 フレッシュリーダーで購読しているmururブルログさんの以下のエントリーを見て納得。
あくまで架空の話として読んでください。(引用というよりも丸ごとになっていますね…)

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


(都議会議員初鹿あきひろ先生応援サイト)
mumurブルログ:単なる物語であって特定の団体とは関係のないエントリー

888 (仮称)名無し邸新築工事 sage New! 2006/07/31(月) 23:34:30 ID:???
俺は当事者にかなり近い人間で事情を知っている。
ただ、あくまでこの話は単なる物語であって特定の団体とは関係ないからそのつもりで読んでくれ。

①オーナーが依頼したのは25,000円程度のメンテナンス工事。それに対してS水ハウス(担当:S氏)
はオーナーに無断でファイバースコープ、ビデオなどを使って勝手な調査を行い調査費用を請求。(なんと10倍の250,000円)
ここから全てのトラブルが始まった。

②S水は調査費用を払うのは当然とするだけでは飽き足らず壊れていない部分を壊れているとし、
100万円単位の工事の発注要求をして来た。 (後に不安になったオーナーが別会社に調査させたところ、全く壊れていなかった)尚、
その破損理由があまりにも常識はずれで考えられない理由であった。

③その際にオーナーがS氏に説明を求め、名前を呼ぶと「JOではない! 俺はSだ!」とオーナーに挑戦的な態度を取る。

④「日本人相手に営業をするならば、日本人向けの名詞をもってくるべきではないか?
少なくとも取引相手にどう呼べばよいか気を使わせるのは、営業マンの行動ではない!」とオーナーは主張。
これに対しS氏は長々と自分の名前を説明する。オーナーは幾度となく、名前の説明ではなく仕事の説明を求めるが無視。

⑤結局、オーナーは初期のメンテナンス料金以外の支払いを拒絶。するとS氏は突然態度を急変させ、「書類で上に上げるぞ!」
とオーナーを怒鳴る。(「書類で上に上げる」とはS水の隠語で「書類を作成して上に報告し問題にする事で騒ぎにするぞ!」
という事である。)

 積水ハウスのイメージが元々こんな↓感じなので、上記引用だと納得します。
近隣住民の意思も尊重できない会社が訴えを手助けしても真実みがありません。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

悪質建築業者=積水ハウスは石神井公園…

豪邸は住人が維持できなくて積水ハウスに売却したそうだ。積水ハウスはそこにマンション建設を計画した。
庭にそびえる樹木は皆切り倒された。その数は200本を越えるという。中には樹齢100年以上の赤松が何本もあったという。
行政に届け出が必要な樹木だけで54本を伐採されたという。珍しい鳥や昆虫もいたのだが、みんな追い払われてしまった。

きたきた ソフトバンクによるvodafone買収交渉

voda  ついにきましたね。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

ITmedia
News:Vodafone、ソフトバンクへの日本法人売却交渉を認める

 英Vodafoneは3月3日、日本法人・ボーダフォンをソフトバンクグループに売却する方向で交渉を進めていることを認めた。
英国の報道などでは売却額は1兆円に上る見込みという。国内携帯電話3位の買収が成立すれば、
携帯電話事業への新規参入を目指してきたソフトバンクがNTTドコモ、KDDIを一気にうかがう位置に付ける。

 ある意味予想されていたことですが、以前のリークが現実のものになりました。
ユーザー数の減少や収益力などから価格的には下がっている状態なのでソフトバンクからするとリーズナブルな買い物だと思う。
ナンバーポータビリティー開始の前に売り急いだ感じもするが。

 日本の報道では局面の報道がされていないが、どうやら最終局面らしい。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


Vodafone to quit Japan, sell to Softbank-sources – Yahoo!
Finance

TOKYO (Reuters) – Vodafone Group Plc is in final talks to sell
its struggling Japanese business to Internet communications
conglomerate Softbank Corp (Xetra: 891624news) ., sources
close to the matter said on Friday.

 出元がVodafone本体だから株価対策だろうが、しっかり成果は出ている模様。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


Vodafone May Sell Control of Japan Unit to Softbank
(Update3)  – Bloomberg.com

Vodafone announced the discussions in a Regulatory News Service
statement today. The unit may be worth as much as 9 billion
pounds ($15.8 billion), according to Darren Ward, an analyst at
Williams de Broe.


Vodafone to quit Japan, sell to Softbank-sources – Yahoo!
Finance
Shares of Vodafone jumped 8.3 percent
immediately after the news. At 3:26 p.m., Vodafone shares were
up 5.8 percent at 118-1/2 pence.

 名称もVodafoneにブランド使用料を払うような愚考をすることはないだろうから「Softbank Mobile」とか
「BB K-tai」などのものに変更される可能性は高い。
ここでソフトバンクの持っている知名度の高い別ブランド名にするということ考えるが、代表的なブランドである「Yahoo!」
はYahoo! Inc.が所有していいるものであり、ブランド使用料が発生する。ADSLサービスも当初は「Yahoo!」
の冠をつけていが、ADSL以降にできたサービスは頭に「BB」をつけてYahoo!の名称を使用しないようにしている。
Yahoo!の名称を使用しないのはソフトバンクの株式保有率が41%とかなり落ち込んでいることも主要な要因だと思う。
ソフトバンクの知名度も球団保有により、かなり高くなっており、ソフトバンクを冠したサービスになるだろう。

 Vodafoneとは業務提携という形でつながりはのこるだろうが、経営の自由度は格段にあがるものと思う。以前、
土日祝日が5円/分のハッピータイムが本社との連携不足でつぶされた苦い経験を持つVodafone
K.K.にとってみると渡りに船だ。(ハッピータイムはVodafone HQは一時的な施策として認識していたが、
後に恒久的な施策とわかって速攻つぶしにかかかった)

 古い皮袋に新しい酒を。
日本テレコムを持つソフトバンクという新しい酒をVodafoneに注ぎ込むことによってKDDIとほぼ同等のことができる。
後の展開が楽しみだ。

毎日新聞の微妙な社説

正しいことを言っているようで、なんだか不思議な社説が毎日新聞に掲載されています。



社説:海自情報流出 ソフトの欠陥放置も問題だ-話題:MSN毎日インタラクティブ


 実は、ウィニーの作者も、ソフトウエアに欠陥があることを認めている。一度流出したファイルを消すことができない管理不能の状況は、ウィニーの技術的欠陥が原因であり、解決するアイデアもあることを明らかにしている。


 逮捕の結果、ウィニーの欠陥が放置され、警察や裁判所、自衛隊の内部情報までも流出し、どうすることもできない皮肉な現象が起こっている。 


 現実に社会に多大な被害を与えながら、ウィニーの欠陥が放置され続けているというのもおかしなことだ。


毎日新聞 2006年2月26日 0時05分


 背景もろもろはあっているのですが、論旨が間違っています。


 本文中でも触れていますが、本来こういった機密文章をインターネットに接続したパソコンに保存していること自体が問題で、組織としてこういったリスクに対応しなかったことを論旨とすべきです。


 一回世の中に出てしまった時点でその機密はもう機密ではなくなります。たとえ欠陥であろうとなかろうと流通したものは流通をやめたとしても、一度他人が保存したファイルはそのままです。


 実はこの社説は報道機関を現状を表し、それを揶揄しているんでしょうか? マスコミはWinnyと同じ問題を抱えています。不適切な情報を誤って報道しても、情報ですから当然回収できません。誤った情報に基づいた認知を謝罪報道により訂正しても、取り上げたときと同じ露出量を望むことは困難ですから、原状回復には程遠いものがあります。


 こういった情報流出を防ぐためには適切な教育とITの措置が必要ですが、アプリケーションにファイルを閲覧/編集するたびに組織の特定のサーバーにログを残していく方法や、一定時間毎にサーバーにパスワード認証かけなければならないように作りこむほうがはるかに簡単かもしれません。

見出しの引用不可な毎日新聞と時事通信社(mixiにニュースが表示されるようになった)

 2月8日からmixiにニュースが表示されるようになった。しかし、
以下のように日記に引用しようとしても一部のコンテンツ提供者(株式会社毎日新聞社社団法人共同通信社)に限って見出しの引用ができない。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

http://mixi.jp/help.pl#16gから引用
Q. 「日記を書く」を押しても、見出しが引用されない 
A. ニュースの提供元企業によって、見出しを使用できない場合があり、日記内での見出しの引用が禁止されております。
見出しを引用できない提供元企業は以下になります。

  ・毎日新聞社
  ・時事通信社

上記提供元企業の見出しを使用して作成された日記やトピックは、削除させて頂く場合がございます。 

 以前、株式会社読売新聞社有限会社デジタルアライアンス(現 株式会社デジタルアライアンス)に対して、
「見出し」無断使用差し止め請求が行われており、以下の判例によれば見出しは著作物としては否定されている。無論、創造性を発揮した
「見出し」に関しては著作物としてみなせる余地は残されているが、ほぼ否定されているものと考えていいだろう。

 また前述の2社のように見出しの引用を禁止行為は、著作権法32条の権利を踏みにじる行為ではないだろうか?
 社会の公器として自認しているのであれば、よりより言論のために適切な形での引用は認めるべきだろう。

ライブドアショック 

ライブドアが株価高騰をねらった風説の流布により社長 堀江貴文さんが逮捕されました。ご本人は否定されていますが、
最終責任者である以上知らぬ存ぜぬではすまないでしょう。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


共同通信 – Excite –
堀江社長らを逮捕 証取法違反で東京地検
ライブドアグループの証券取引法違反事件で、東京地検特捜部は23日、
同法違反容疑で同社社長堀江貴文容疑者(33)らを逮捕した。企業買収などで株の時価総額を拡大させ、
短期間に急成長した企業をめぐる疑惑は、トップの刑事責任追及に発展した。

個人的には球団参入に先鞭をつけ、メディアの買収を行おうとするなど既存の考えにとらわれない行動は評価すべきだと思います。
現在の報道をみているとフジサンケイグループを代表として、
鬼の首を取ったように追い込んでいく報道には納得できません。

例えば株価下落についての報道は、下落についての市場の意見はライブドア単体の問題ではなく、
株価上昇を元にした錬金術を利用した会社全体への失望という形で現れただけであり、市場への不信任を突きつけたということでしょう。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

毎日新聞-Livedoor-[ライブドア]世界に衝撃拡大 米欧株も下落
18日の欧米株式市場は軒並み下落し、ライブドアショックが世界に広がる形になっている。

毎日新聞のいい加減な記事にはほとほとあきれます。まだだませると考えているのでしょうか。
東京証券取引所のマーケットに占める割合を考えるとLivedoor事件程度では影響を軽微なものでしょう。
NASDAQ/NYが同時期に下落したのはインテル/Yahooの決算内容や収益の悪さから10%程度下落し、
故にハイテク株全体が売られたというところです。内容が伴ったIBMはしっかり値を上げ、インテルのライバル会社AMDもしかり。
欧州株もLivedoorを契機にして若干下がり、インテル/Yahooの問題が加速させたというところですが、すぐに回復しています。
欧州は日本の株安をきっかけに値を下げ、さらにIntel/Yahoo問題で値を下げています。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


Financial Times – US earnings season brings more
disappointment

Yahoo, the internet portal, and Intel, the largest chip
manufacturer, ended down 12.3 per cent and 11.4 per cent
respectively, while negative sentiment surrounding these two
dragged down other current stars of the sector, such as

Google
(down 4.8 per cent) and

Apple Computer
(off 2.6 per
cent).

 

問題視されているのはLivedoor事件よりも東京証券取引所のこの程度の事件でシステムが処理できないほうです。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

ラジオNikkei-Livedoor-東証
「約定件数、異常な状況で予見不可能」

東証では現在の約定件数を「異常な状態」ととらえており、注文件数で700〜750万件、約定件数で300〜
350万件というレベルが継続するようになれば、立会開始の延刻実施を取り止める考え。
1月30日をメドに約定件数の能力を500万件まで引き上げるなど、能力増強にも努める。
信用買い残が膨らんだ現状で、突発的な事件が起きたら今回のように能力以上の件数となるリスクは考えていなかったか、
という報道陣の質問に対して、東証は「予見不可能だった」と述べている。

東証の失敗が株価下落を加速させたのは罪が大きいでしょう。今日売れなかった投資家は必死で売ろうとしますから、
売り圧力が加速度的に上昇します。考えはコンビニのレジの待ち行列と同じです。

ネットワーク業界やコンピュータ業界だけかもしれませんが、負荷やトラフィックは通常の状態で30~50%程度でマネージして、
負荷が倍になってもシステムダウンだけは避けるようにリミッターで制限をかけるものですが。
ニューヨーク証券取引所では通常取引の4倍程度までは耐えられるそう。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

asahi.com:
東証、
システム投資に甘さ ライブドアショック – ビジネス
上場株の時価総額で世界最大規模のニューヨーク証券取引所は計画的にシステム増強を実施し、
現在の処理能力は実際の取引量の4倍程度とかなりの余裕をもたせている。取引量増加に応じこの3年間に処理能力を3倍にしたという。
また、仲介人を通す立会場での売買と取引所システムを通じた2通りの売買方法が採用されていることで、取引の分散が図られてもいる。


YOMIURI ONLINE(読売新聞)-東証コンピューター、
耐用期限過ぎていた
東京証券取引所の約定処理に使うコンピューターの耐用期限が2004年後半に過ぎていたことが22日、
わかった。約10年前に現機種を導入し、2004年後半に処理能力の高い新機種に切り替える予定だったが、
途中で新機種の設計を変更し、 導入を延期した。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

 

以下ですが、後出しじゃんけんだからいえることで。上場企業/公益法人の社長の言うことではないでしょう。
いい面の皮汚しという感じか。何事もスマートでありたいものです。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


Livedoor – 株式分割「異常だった」=ライブドア問題でNTT社長

和田紀夫NTT〈9432
社長は18日の記者会見で、ライブドア〈4753
が証券取引法違反の疑いで東京地検の強制捜査を受けたことに関し、「われわれの常識からすれば(ライブドアが実施してきた)
大きな株式分割は異常だと前々から考えていた」

すべてにおいて後追いしている楽天も同じようなことが起こるような予感…