「IT」カテゴリーアーカイブ

HP dv6500/CTをオーダー

 HP Pavilion Notebook PC dv6500/CTを10月3日にオーダー。到着予定日は10月22日。以下のスペックで¥112,140とカナリ魅力的。

dv6000シリーズベースユニット(オンボードグラフィックス)
Windows Vista Home Premium 正規版
【HP推奨】WebCAM搭載、指紋認証機能搭載モデル
Core2 DuoプロセッサT7250(2.0GHz、インテル製IEEE802.11a/b/g、Bluetooth内蔵)
【HP推奨】2048MB 667(1024MBx2)
15.4インチ ワイドTFT WXGA ウルトラクリアビューカラー液晶ディスプレイ
120GB ハードディスク (5400回転)
スーパーマルチドライブ
内蔵56Kモデム
内蔵100/10 ネットワークコントローラ(自動切替)
6セルリチウムイオンバッテリ
Symantec Norton Internet Security 2007(60日間試用版)
1年間引き取り修理サービス/電話サポート
PCリサイクルラベル
【無料】HP Deskjet D4160

アドエスGetして約10日。

 アドエスGetして約10日。アプリのインストールが安定したので、メモ。

■システム系

  • GSFinder+
    Custom

    エクスプローラが使い物にならないので、切り替え。主にショートカットを作成。
     
  • PocketPuTTY
    日本語対応版
    SSHクライアント。メンテナンス用。
     

  • NetFront Browser

    ユーザーエージェントをドコモに変えて
    携帯Webを見るために使用。
     
  • Lunascape
    Mobile

    入れただけ。起動は早いけど、エンジンのIEがタコすぎて使えず。
     
  • YTaskMgr
    画面回転ボタンに割り当てて、タスクスイッチャ&画面消灯&ランチャ。秀逸。
     
  • MyMobiler
    Windows Mobileの画面をそのままパソコンで表示。環境を整えるときに、小さな画面を水にすむので非常に有用です。
    ついでに画面のキャプチャもパソコンで行えます。

■交通・地図系

  • PlaceEngine
    無線LANを使った位置情報取得ユーティリティ。23区を出るとほぼ使い物にならないので、もう少し待つ必要があるかな。
     
  • MimicGps
    W-SIMからGPS情報を取り出すユーティリティ。これ単体では動かないので、別途GPSアプリが必要。
  • GPX
    Logger

    GPS情報を指定した時間ごとに記録するアプリ。
     
  • GpsPanel
    GPS情報から移動速度名を表示するアプリ。
     
  • ちず丸
    W-SIMから取得した位置情報からオンライン地図を表示するアプリ。
     
  • モバイルGoogleマップ
    GoogleマップのWindows Mobile版。
     
  • Google
    Maps Mobile

    W-SIMから取得した位置情報をモバイルGoogleマップに渡して表示。至極便利。
     
  • NAVITIME
    W-SIMから取得した位置情報から地図の表示や、乗り換え案内を行うアプリ。
     
  • UKEkiTan
    時刻表表示アプリ。

 

■エンターテイメント系

  • XnView
    Pocket

    画像の簡易変換ができるビューワ。メールで画像を送る前に修正。
     
  • TCPMP
    動画プレイヤー。入れただけ。
     
  • TenQz
    天球図ビューワ。空を眺めるときにあると便利。
     

■コミュニケーション系

  • Skype
    定番P2P IP電話。どっちかって言うとチャットを利用。
     
  • MZ3.i
    mixiブラウザ。
     
  • 偽てがっきー+フォトVer0.5
    ブログ投稿用カメラユーティリティ。撮って、手書きを入れて、さくっと送信。
     
  • いまどこナビ
    撮って、位置情報つきでhatenaとTwitterにアップロード。
     

■ユーティリティ系

  • UKTenki
    日本気象協会から週間天気予報を取得し、表示する。
     
  • [es]silencer
    無音で撮影できるカメラユーティリティ。
     
  • ttmail
  • KeyLockSuspender
    キーロックを有効にすると、すぐに画面消灯またはサスペンドに遷移してくれるユーティリティ。

■実用系

 Palmに比べるとちょっとさびしいですね。あとはファイナンス系のアプリを入れるくらいでしょうか。
 

 

 

 

なんと、日本で最初のFoneraだったらしい…

 久々にFON周りをいじろうと思ってググってみると、以下のBlogを発見。

日本で最初に設置したFONソーシャルルータは拙宅のものだったそうです。

一昨日、キャッシュデータを基に国内の FON APs の KML データを作成し公開しましたが、ルータ IDで並び替えて出力するようにしました。ルータ ID の振り方は良く分かっていないのですが、若ければ若いほど早く設置したことになるのは確かなようです。

ユーザの登録に関しては、別途ユーザ ID が振られています。取得したデータ(JSON)には、他にも純粋な IDが振られているのですが、これは、ユーザ ID とルータ ID を含めたユニークな ID と思われます。ルータを公開していないユーザが居ますし、複数のルータを公開しているユーザも居ますから。

ということで、ルータ ID の若い国内の FON AP を抽出してみました。

 家バレになりますが、どこに設置したのかはわからないようにしているので、まあ問題ないでしょう。

最初に設置したルータはリンクシスWRT54G-JPで、そのままでも家の目の前の公園全域で通信できるようにしていました。現在はLa
Fonera
に切り替えて、高利得アンテナに交換してサービスを提供しています。WRT54G-JPは待機用として休眠中です。

 26000番台なので、FONユーザーの中ではそんなに古い方ではないんですけどね。

確か2006年1月にFONソーシャルルータを設置したと思います。

 以下当ブログのFON関連のエントリーです。結構ありますね。

 何はともあれ、Foneraがもっと増えて便利な世の中になりますように。

警告 – アクセスしようとしているサイトは、コンピュータに損害を与える可能性があります。

google_warning  Verizon Web Callingの日本宛の通話料金を調べようと、 Googleで検索すると、「警告 – アクセスしようとしているサイトは、 コンピュータに損害を与える可能性があります。」というメッセージが表示されました。


 一瞬、いつもの詐欺的ソフトウェア※(DriveCleanerやSystemDoctor 2006)かと思って念のためURLを見ると、googleのアドレスが表示されています。検索してみると、 Googleが発した警告でした。



検索結果に、特定のサイトがコンピュータに害をなす可能性があるとの警告が表示されるのはなぜですか。


 Google は、ユーザーに無断で悪質なソフトウェアをインストールする可能性のあるサイトを発見した場合、 警告メッセージを表示します。Google では、ユーザーが安心してウェブを検索できるよう、このようなサイトを認識し、 セキュリティーの向上に努めています。


Google: ヘルプ センター


 一部のリベラルな人から批判が出そうな機能ですが、未習熟ユーザーを危険から守ろうとする姿勢は素晴らしい。もっともGoogleをわざわざ選択して使うユーザーが未習熟ユーザーかというと、疑問が残ります。 Yahoo!にこそ実装して欲しい機能です。


※参考リンク:Impress Watch : 日本語のUIを持つ詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」


 

Yahoo.comって落ちないんだね

 以下アメリカで著名なWeb Top20の1年間のダウンタイムです。
Yahoo.comってダウンタイムが0ってすごくないですか?

    Site
Downtime


yahoo.com
   0m


google.com
   7m


myspace.com
1h 0m


msn.com
2h 45m


ebay.com
   6m


youtube.com
4h 44m


facebook.com
   25m


wikipedia.org
2h 23m


craigslist.org
1h 9m

10 
live.com
1h 48m

11 
amazon.com
   21m

12 
blogger.com
4h 47m

13 
go.com
   8m

14 
aol.com
   3m

15 
microsoft.com
   13m

16 
cnn.com
   22m

17 
comcast.net
3m

18 
imdb.com
   29m

19 
flickr.com
   30m

20 
photobucket.com
1h 23m

Royal
Pingdom » Downtime in 2007 for the 20 most popular
websites

微妙な気がする日経IT Proの記事

 3月7日付けの日経IT Proの以下の記事。ひかり電話にトラブルが起こってNTTの対応に納得がいかないという論調です。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

 順調に契約者数を伸ばすNTTのBフレッツ。その牽引役の1つになっているのが,IP電話サービス「ひかり電話」だろう。
私もすでに2年近くひかり電話を利用しているのだが,ここ半年に3度ほど,トラブルに遭遇した。1回目は2006年9月に発生した,
ひかり電話がつながりにくいというトラブルだ。これについては過渡的なトラブルととらえていた。だが,2回目,3回目のトラブルでは,
その対応にやや疑問を感じた。

利用者にスキルを求める?
“ひかり電話”:ITpro

 記事を要約すると、記者氏はひかり電話ルータの配下に自前のルータを設置し、
自前のルータ側でインターネットとフレッツスクウェアに接続している。停電などが起こり、
再度接続するときに自前ルータ側が先にPPPoEセッションを2つ使用してしまうため、
ひかり電話ルータのVoIPユーザー認証のためのPPPoE接続ができない。

   NTT<====>ONU<====>ひかり電話ルータ<====>自前ルータ<====>クライアント

 このときにNTTの説明は切断から5分以上経ってからONU、ひかり電話ルータ、自前ルータの順番で起動して欲しい。
最新のファームウェアではVoIPの認証が完了するまでPPPoEブリッジ機能を停止する機能があるので、
ファームウェアをアップデートすれば問題は解消するというもの。

 この5分以上というのはフレッツ網との接続を正常に終了しなかった場合には、5分間接続できないというNTTの仕様によるものです。
切断処理されず再度PPPoE接続要求を行うと二重セッション要求として処理され、接続することができません。
このセッション開放時間が5分間というわけです。

 記者の視点はあたかも一般ユーザーのように記述していますが、この部分がひっかかります。

 そもそも一般家庭でひかり電話ルータの配下に別のルータを設置することがあるかというと、まずないでしょう。
無線LANを利用したいために無線LANルータを設置することはあるかもしれませんが、
バッファローなどの多くのメーカーはわざわざ専用スイッチを用意して、誰でも簡単にルータ機能をOFFにできるようにしています。
つまり無線LANメーカーも何らかのルータの配下に置かれることを前提に製品開発をしています。

 スキルがあることを前提とした事を行っているのに、「ユーザーにスキルを期待している?」というのはナンセンスでしょう。
ひかり電話ルータでルーティングさせていれば起こらない問題ですし。

 最近日経本誌から始まって、全体的に記事の品質が低下しています。現実的に競合媒体がない以上、品質向上を望みます。

Microsoft Outlookでカレンダーの重複予定を自動削除する

odir  Microsoft OutlookとPDAで同期してると重複予定(アイテム)
が出てきます。少数であれば手動で削除することも出来ますが、数が多くなると困難です。そこでツールの出番となるわけですが、
Googleで検索する限り日本語対応で日本語表示のツールはないようです(重複メールを削除するツールはある)。

 で、英語版でも日本語を扱えるもの、ということになりますが、探してみるとありました。アムステルダムにあるVAitA社のVaita Outlook
Duplicate Items Remover(以下ODIR)です。Microsoft Outlookで扱えるすべてのアイテム
(予定、住所、タスク、メール、ノート)の重複したものをピックアップし、削除します。

 Vaita : Outlook
Duplicate Items Remover

 重複チェック項目は以下のようにアイテムごとに異なっています。ソフトウェアそのものは日本語表示に対応していませんが、
使用した限りは特に問題なく削除されています。削除したアイテムは各アイテムの「ODIR_Duplicate_Items」
フォルダに移動されていますので、最悪の場合でも復旧は可能ですが、本ツール実行前にバックアップすることを忘れずに行いましょう。

  • 住所:
    姓、名、会社名、メールアドレス
  • 予定:
    件名、場所、開始日、終了日
  • タスク(仕事):
    件名、場所、開始日、期日、ステータス
  • ノート:
    ノートの内容、色
  • メール:
    – 受信メール: インターネットメッセージID(これは送られてきたメールごとに割り当てられる固有のID)
    – 送信メール: メール件名、送信日時(PR_CLIENT_SUBMIT_TIME)
    – 未送信メール: メール件名のみ

 Microsoft Oulookのデータバックアップの方法は以下にわかりやすく書いてありますので、
実行前に参照することをお勧めします。

 Microsoft
– Outlook の個人用フォルダ ファイルの管理方法

 Microsoft –
Personal Folder Backup ユーティリティを使用した .pst ファイルの自動バックアップ

 なお、Microsoft Outlook 2003で1989年以降カレンダー約85,000件でテストしてみた結果、
問題ないことを確認していますが、Microsoft Outlook 2003以前では問題が出る可能性があります。
これはMicrosoft Outlook 2003以降はUnicodeに対応していますが、
以前のバージョンでは対応していないためです。

※Feb-13-2007 画像とバックアップ方法など追加

「Choix」 気づけばDiggライクなソーシャルニュースサイトが出来ていた

 Diggライクなソーシャルニュースサイト「Choix」(選択という意味のフランス語)が日本でも登場しました。
基本はソーシャルブックマーク(みんなでブックマークを共有する)ですが、
みんながブックマークしたニュースは他の人が見てもおもしろい/興味があるだろうという投票方式のニュースサイトになっています。
さらにコメントを残すことが出来るので、他の人がどのような考えを持っているのかを興味深く見ることが出来ます。
自分のBlogに残すには躊躇しますが、このような気軽にコメントを残せるのはいい感じですね。

 ニュースの投稿もブックマークレットでかんたんに追加できます。
投稿したニュースやコメントをPDFやEXCEL形式で残すことが出来るので,、後で振り返るときのきっかけになります。PDFは
こんな感じ
で作成されます。

 また、個人情報の登録も最低限で、
任意のユーザーID/パスワード/メールアドレス/生まれた年/郵便番号だけというのは好感が持てます。
(入力したパスワードの強度を表示するのはGood)

 多くの人が使わないとニュースの精度が高まらないので、しばらくは偏るでしょうが、それは時が解決するでしょう。

 

今頃になってW41Sに機種変

■すでに使っていた携帯が19ヶ月以上だったのでとりあえず変えなきゃ

  A1402SⅡを19ヶ月以上使っていたので、機種変を考えることに。前回機種変したのは2004年11月17日。
2年近くも使うなんて、ある意味あり得ない。魅力的な機種がなかったということもあるけど、
地下鉄でパケット通信の利用が現実的ではないので、京ぽんでパケット通信をしていたから、
携帯の機種変をする動機がなかったというのが正解か。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

時間の渦:
au安心サービスは実用的か?

結局、機種変することにして、やっぱりソニエリのA1402SⅡ
15,800円ナリ。(7ヶ月以上の場合)

 

■夏モデルが期待はずれだった

 au
by KDDIの夏モデルが発表
されました。が、期待はずれ。春モデルほどのインパクトはないなぁというのが感想。
ウォークマン携帯やG-Shock携帯が目玉として取り上げていますが、今回のモデルはすべて微妙なんですよね。画竜点睛を欠く感じ。
(東芝と京セラは宗教上の理由から購入することはないので、無視ということで)

 中途半端な点をつらつら書いてみると、

  • W42Sは日本で初めて「ウォークマン携帯」を名乗っていますが、本体内蔵1GBメモリーはLISMO用でSonic
    Stageで作成したファイルは保存できない。つまり外部メモリー(メモリースティックDuo)が必要。
    形状がスライドタイプなのでキーが小さく、カーソルなどの頻度の高いキーが離れた場所にあるので使いづらい。
  • W42CAはG-Shock携帯初のWIN機。大きさ重さは耐水性の代償なので仕方がないでしょう。
    注意点はメモリーカードがMicroSDカードを使用している点です。miniではないですよ。デザインは先進性・
    未来感を意識しているらしいですが、好きずきですね。
  • W42Hは夏モデル唯一のFelica対応携帯です。それだけ。以上。可もなく不可もなく。一昔前のカシオな感じです。

 参考:SVGの遊び部屋さんのWebに
最近の機種 au
06夏モデル
」がありますので、カジュアルな比較には非常に便利。

■結局春モデルのW41Sに

f_02  夏モデルの購買意欲がなくなったので、すでに発売済みの春モデルから選択することに。
W41SW41CAが妥当な感じだったので、
比較するとW41CAの方がいいかなと思っていると、W41Sにはマイク付きリモコンが標準装備。これ結構重要。
携帯で2時間以上程度話をするにはハンズフリーにすることが必須なので、W41Sに決定。あとFelicaもポイント高い。

■W41S:使用感はかなりいい

 サクサクとした反応が返ってくるので、ストレスがたまりません。キーが細長いので打ちづらいように感じますが、
打ち間違えをするほどではありません。フルブラウザはうれしいOperaです。Webの再現性はかなり高く、Netfrontとは別世界。

 LISMOを起動していなくても、リモコンのプレイボタンを押せばBGM再生になるのは心憎い出来。

LISMOは思ったよりはイケている

 LISMOは一部でiPodキラーとかいわれていますが、マーケティングとしてみると非常にうまいところをついていると思います。
iPodやウォークマンを買う層とは明らかに違い、主要ターゲットは高校生~大学1年次でしょう。

 音質に関してはHE-AAC 48Kbpsのわりにかなり健闘しています。ボーカルなどの中音はきっちりでています。
音楽プレイヤーとしては以下のような弱点がありますが、ターゲットがそこまでこだわるとは思えません。
現在20代後半以降の世代の方はカセットテープを使っていた記憶があると思いますが、
PanasonicやSONYなどの音響メーカー以外のカセットデッキで録再していた人は意外と多くありませんでしたか?
 このようにとりあえず音が出ればいいという層にはLISMO程度の音質であれば十分でしょう。
(悲しいことにドンシャリで音圧が高ければ満足っていう人は多いです)

  • ステレオ感が喪失する
    左右45度以上角度のついた音であればしっかりと音が左右に分かれますが、
    20度程度のところにある音は真ん中に定位してしまう。
  • ハーモニーが消える
    バックコーラスなどのハーモニーが一つの音になる。
  • 高音がシャリシャリする
    特に顕著なのがハイハットなどの打楽器とストリングスなどの弦楽器の音が非常に堅くなり、シャリシャリした感じの音になります。
    倍音成分がかなり消えるのでギターはなんだかなぁという感じに。
  • 低音が薄い
    ベースがベースじゃなくなり、バスドラもかなり軽い感じになります。
  • 音が割れる
    音圧が高い曲は時折音が割れます。

 上記のような弱点に気づく人は専用音楽プレイヤーを購入するでしょうし、
気づかない人は一度作ったライブラリを再構築する手間などを考えると、auを継続使用する動機になるでしょう。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

ケータイ新機能チェック
LISMOで始める音楽ケータイ – Impress ケータイWatch
 「au Music Port」
に取り込んだ音楽CDの楽曲ファイルに関しては、パソコン単位の管理となり、例えば「au Music Port」
で電話番号の違う複数台の携帯電話のデータを管理している場合でも、機種ごとに音楽CDから楽曲ファイルを取り込む必要はない。

 ちなみに再生時のヘッドフォンは高価格なものは使わない方がいいでしょう。
比較的価格の高いヘッドフォンは音がフラットに出ますので、非常に寂しい音になります。
W41Sであれば標準添付のMDR-E808で十分気持ちよく(適度にドンシャリ)聞けます。

■まとめ

  春モデルの中であまり特徴のないW41Sといわれていますが、Felicaやコンパクトなボディなど、
携帯を実際に利用する上では非常にバランスよくまとまっています。おすすめの一台です。

ISMSとPマーク

 とあるところでISMSを誤解している人がいたので、ちょっとメモ。

  • ISMS(=BS7799)
    自らセキュリティガイドラインを策定して、自ら守る。BS7799を日本向けにアレンジしたもの。
  • Pマーク
    財団法人日本情報処理開発協会が定めたセキュリティ規格を守る。

 ISMSがいかにも万能のように言う人がいたので、上記のメモに。