「書評」カテゴリーアーカイブ

es[エス] Gyaoにしてはなかなかの秀作

■es[エス] 原題:Das Experiment(実験)

es[エス] 現在Gyaoで配信されている「es[エス]
ですが、低予算ながら秀作です。

 1971年にスタンフォード大学で、精神的に安定した一般人を囚人と刑務官を模した状況においた時、
被験者がどのような振る舞いを行うのかを確認した実験を映画化したものです。実際の実験では2週間の予定が7日目に中止され、
後に訴訟問題にまで発展しています。

 es[エス]
– Gyao 2007年5月25日まで視聴可能

 

■実際はもっとひどかった

 見ていてひどいと思いますが、実際の実験では映画よりも状況は苛烈です。実験は以下のWebが詳しいので、
映画を見終わった後に見ると、リアルに想像できます。

The Stanford Prison
Experiment

 

 囚人・刑務官とも個性の最小化を行う様々な施策が施されています。囚人は坊主頭にする代わりにストッキングをかぶって、
髪型による差異をなくしたり、刑務官はサングラスを着用して個人識別をしにくくしています。

 2日目に起こった暴動を鎮圧した後、囚人を扱いやすさに応じていくつかのグループ分けを行い、良いグループには特権を与え、
囚人同士で対立関係を作り、さらに理由もなく少数のメンバーをグループ間で入れ替え、あたかも密告などが行われたような状況を作り、
相互の信頼関係を破壊しています。

 囚人への暴行など問題も発生しましたが、それ以上に問題だったの研究者自身が監獄の監督者として行動するようになったことです。
本来歯止めになるべき研究者がその役割ができなかったのは、非常に興味深い現象です。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

It wasn’t until much later that I realized how far into my
prison role I was at that point — that I was thinking like a
prison superintendent rather than a research psychologist.

The Stanford
Prison Experiment: A Simulation Study of the Psychology of
Imprisonment

 

■日本のいじめもにたようなもの

 この映画を見ていると、日本の現状にかなり近いと見て取れます。最近のいじめは集団による個人への攻撃ですが、
この映画さながらのことが起こっています。つまり、加害者側のみんながやっているから自分の責任は希釈されるだろうという責任回避の心理と、
個人が倫理に合致するかの判断をしない思考停止状態を引き起こしていることです。

 いじめそのものはどの文化圏でもあることですが、日本では自我が確立していない人が多いため、
集団の判断と思われることを盲目的に信奉してしまう負のループが起きやすいので、日本で同様の実験をおこなうと、
もっと悲惨なことになりそうです。(そういった意味では非常に共和的ですよね。声の大きい人の意見が採用されるという…)

 集団に惑わされずに判断できるように精進しようと思う、きっかけになった映画でした。

 

「初恋」結構おもしろかった

 「初恋」。
ギャガコミュニケーションズ配給の邦画。久々にウルっとくる邦画。

 以下あらすじ。

 主人公のみすず(宮崎あおい)が多感な高校生の時にジャズ喫茶「B」で知り合った「岸」との初恋を描いた作品。

 60年代の学生運動が盛んな時代に不幸な生い立ちを持つみすず。常に孤独だったみすずが「B」
に生き別れた兄がいることを突き止めた。「B」に通ううちに岸達が、世間を煙に巻こうとする計画を考えた。現金強奪事件。そう、
府中三億円事件。

 好きだから同じ時間、同じ空間を共有したい。実行犯として岸とともにやり遂げるみすず。切ない恋を成し遂げるために。
結果としてそれが永久の別れのきっかけともなるとも思わずに。

 

 5分の4あたりでみすずが「このままじゃ何も変わらない」と空に向かって叫ぶシーンは、
現状の破壊と新たな自分への一歩を表していて、グッときます。

書評:ウェブ進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫
筑摩書房 (2006/02/07)

 2003~2005年にかけてWebで起こったムーブメントがわかりやすく書かれている本。95~98年あたりにまかれた種がビジネスとして結実し、ビジネスを変革させることのできる/できた技術/仕組みが簡潔にまとめられている。梅田氏はベイエリア(いわゆるシリコンバレー)在住でインターネットのアプリケーションレイヤー層で起こったをWatchしている。
 「Google」「ロングテール」「Web2.0」とキャッチーな言葉で語られているが、本質はビジネスを高効率で回転させ、薄い利幅をとる仕組みとそれを幅広くすることで売上を確保するということを言っている。Googleにしても知の集積とそれを発見するテクノロジーを用いて多くの人から薄く利益を上げている。

Johnny 2.0

クローン・デイ J-2.0
クローン・デイ J-2.0

posted with amazlet on 06.02.20
ジェネオン エンタテインメント (2001/08/24)
売り上げランキング: 76,977
おすすめ度の平均: 2.5

2 私には「月並み」な印象でした。
3 なかなか良く出来たTV映画なんだけど……

原題「Johnny 2.0」
アクションシーンなし、話の展開が平凡、話が読める。緊張感が欠けているんだよな。この映画。
☆一つというところです。

続・猿の惑星
続・猿の惑星

posted with amazlet on 06.02.25
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/02/18)
売り上げランキング: 7,023
おすすめ度の平均: 3

3 夢よもう一度

 猿の惑星の続編です。
 前作に比べて驚きや話のイマジネーションが足りない感じ。無理に話を展開したので結末があんな形になったんだと思う。期待を裏切る作品です。

最近みた映画 ~チューブ・テイルズ


チューブ・テイルズ


チューブ・テイルズ


posted with amazlet on 06.02.08
アミューズソフトエンタテインメント (2004/09/10)
売り上げランキング: 5,224


おすすめ度の平均: 4.67

5
短編だからおもしろい
4
ロンドンチューブを思い出したくなったらこれ!
5
最高の短編映画集

 9人の監督がそれぞれ共通の「チューブ(ロンドンの地下鉄)」を題材にした短編をつないだ映画。
それぞれの短編にストーリーの連続性はないけれど、くすっと笑える作品です。
お気に入りは楽器奏者が駅に掲示された落とし物の写真付きIDの主に恋いこがれる作品です。

 

 


トレインスポッティング DTSスペシャル・エディション 〈初回限定生産〉

角川エンタテインメント (2005/03/11)
売り上げランキング: 4,589


おすすめ度の平均: 4.45

5
青春映画はコレでしょ☆
4
行き着く先は灰色かそれとも・・・
5
青春映画の最高峰!!

エニグマ

タイトル エニグマ / Enigma
制作年 2001年
評価  ★★★☆☆

ストーリー:
第2次世界大戦中のイギリスでのお話。ドイツ軍の進撃を阻むために暗号解読を行う主人公の奮闘を描いている。題名にもなっているドイツ軍の「エニグマ」という暗号装置を中心に主人公Dougray Scottが暗号解読と恋人失踪を追っていく。

コメント:
娯楽性を無視したような映画。ストーリーは流れるように展開します。しかし、起伏が激しくないので、アメリカ映画好きには苦痛を感じるかも。

役者さんの演技はバツグンにいいですね。基礎がしっかりしているので安心してみていられます。暗号解読と恋人失踪を追っていますが、絡め方が甘いので両方の展開に不満を覚えます。どちらかに注力した方がストーリーはおもしろくなったかも。

最近買ったCDのメモ

最近ヒマ(笑)なので、とりあえずここ1ヶ月で買ったCDのメモ。

Give It All Away / Ben Jelen
腐女子の方々には萌え~な容貌だけど、綺麗な声で聞かせてくれます。POPよりのRockだけど、聞きやすい。1曲目の「Come On」はつかみとしては最高。「Every
Step」「Givet It All Away」もおすすめ。日本のiTunesでは販売されていません…。
Life / Simply
Red

「Fairground 」のために購入。結構長いこと活動してるんですよね。このバンド。一番有名なのは「Stars」(1991)ですが、このCDで一回リセットしています。ちなみに、このバンドはボーカル(ミック・ハックネル)以外は流動的なので、アルバムごとに味が違います。
*NSYNC / *NSYNC
メジャーなバンドですが、昔はこんな音楽もやってました。「Sailling」のために購入。元曲はChristopher
Cross
です。切ない感じの曲ですが、歌詞はいい感じです。
Erotica / Madonna
ぃぁ、大御所ですね。RainのPVをたまたま見る機会があって、PVになんと、教授が! 曲もよかったので購入。でもこのCDは賛否両論があって、あまり売れなかったらしい。CD全体としてのクォリティはかなり高い。ただ当時の顧客層にあわなかっただけでしょう。
Firefiles / Faith Hill
まさしく原点回帰。やっとホームグランドに戻ってきました。前回のCD「」は売れ線をねらっていたので、古くから聞いている人には違和感がありましたが、今回はかなりいい感じです。
Somebody’s Miracle / Liz Phair
日本ではまだ発売されていないけど、「Everything To Me」がいい感じ。歌詞が。

(ジャケ写も著作権保護の対象になっているので、勝手に掲載すると著作権侵害になります。故にamazonのアフィリエイトで画像を表示しています。あ~面倒。)

読書メモ:逆転戦略

読書メモ:

逆転戦略 ウィルコム-「弱み」を「強み」
に変える意志の経営

 

 

全体的に携帯電話の市場についての説明が多く、また著者が複数名いるため、
同じ説明を何度も目にすることになる本。

「逆転戦略」を銘打っているが、戦略に相当するような記述はないに等しい。

ウィルコムについての情報を取得するための本とはいえないが、
2004年までの携帯業界をカジュアルに確認するために役立つ本だといえる。

購入はお勧めしません。

最近見てるもの : The Gardian (邦題:墜ちた弁護士)

The Gardian (邦題:墜ちた弁護士) – FOXチャンネル
gardian.jpg

主人公のニックはドラッグに溺れて、1500時間の社会奉仕活動を命じられた企業弁護士の話。
ふつうのドラマと違うのは、結末がいつも考えさせられる結果に終わるということ。

よくあるThe Practisに代表する法廷ものドラマは、裁判があって白黒はっきり決まるけど、このドラマは裁判シーンはほとんどなく、ニックの心理描写に焦点が当てられている。

ニックはやり手の企業弁護士として冷酷で非情な一面と、幼い頃からの満たされない部分を埋めるために、もがきあがく脆い一面がある。ニックがドラッグに走ったのも弁護士事務所のオーナーである父親との仲違いが原因だし。

社会奉仕活動の内容はは児童法律サービス。つまり家庭内不破や虐待を受けた子供のために避難措置や親権を誰に持っていくのかを決める。日本で言うと児童相談所といったところか。

最初は投げやりな態度でぶっきらぼうに子供に接していたが、子供と対話を重ねていくうちに不器用ながらも子供たちのために働こうと決意するが、企業弁護士としての非常な世界と児童法律サービスの世界とは隔たりが大きく、折り合いをつけるために苦悩する。

暗いシーンがずっと続くので、好き嫌いが激しそう。
本国で放送していたCBSは2004年5月で放送をキャンセルしているので、3rdシーズンで終わってしまうのは残念。