「ネットワーク」カテゴリーアーカイブ

ひかり電話は災害時にはダメか。

NTT東日本の「ひかり電話」。Bフレッツを利用したIP電話ですが、マンションタイプを利用している場合には、注意が必要かも。

ADSLやNTTの光ファイバーを利用したインターネットは、停電時にもバックアップ電源で経路上の通信は保証されていますが、マンションタイプに関してはこの限りではないようで。

先日マンションの電源室の工事があって、2時間程度停電がありました。家の通信環境はサーバなどを運用しているので、すべてUPSに接続し、常時電源を供給していますので、停電の影響を受けません。(サーバは電力を非常に使うので、自動シャットダウンされます)

停電時に経路が生きているかどうかを確認するために、ひかり電話を利用しようとしたところ通話が出来ず、諸処確認すると、VDSLモデムの物理層のリンクが切れていることがわかりました。

電力が復旧して数分で、インターネットへの通信が回復し、ひかり電話が利用できるようになりましたが、まだまだ本当の意味での電話の代替えにはなりきれていないことを痛感。

一応NTTの弁護のために一言。
マンションの電源が落ちて1時間半後にNTTのおぢさんたちが来てました。確認のために。っつーか、TEPCO、NTTに連絡しろ。

ルータ交換

ルータをリンクシスのBEFSR41C-JPから同じくリンクシスのWRV54G-JPに交換。

いいね♪無線LAN♪
スループットがいいのは当たり前(?)だけど、デザインがいいのがなんとも。うっとり。

機能的には十分以上のものがあるので、不満はないし。

このBlogホスティングしてるのは家サーバーだけど、BEFSR41C-JPは4ヶ月ほど再起動もなく動き続けていたので、WRV54G-JPはどのくらい持つのかな…