PLCを使ってみる

サーバーをルーターのある場所から移動する必要があって、直接LANケーブルを施設できない場所になったので、PLCで接続。無線LANでの接続も検討しましたが、マンションという事もあって電波の混雑度が半端ないので選択肢に入らず。(公開しているサービスがもあるので、切断&再接続が頻発するのは好ましくない。)

国内大手がほぼ撤退済みで、国内で正規販売しているのはTP-LINK社のみ。というわけでTL-PA4010 KITを購入

設置&接続そのものは悩む事もなく、電源コンセントにつなげるだけというまさしくPlug & Play。

通信速度はリンクアップは約90Mbpsで、実効速度は2.8MB/s(22.4Mbps)。ルーター側とサーバー側の直線距離は5m程度です。

無線LANルーターの11ac(5Ghz)で接続すると、25MB/s(200Mbps)程度出ているので、もう少し出てくれても…という感じ。

ちなみに、HomePlugAV規格は半二重なので、上下同時に通信させるとリンクアップ速度の半分になります。ユーティリティーの画面には600Mbpsって出ているので残念な気分になります… (本機のLAN端子は10/100Mbpsですし)

上下同時に通信させると、予想されたとおりに半二重の挙動をしています。(私の環境では上下合わせての約2.8Mbp前後)

しばらく使ってみて、不具合があるようであれば更新します。

らくらくスマートフォンからiPhone(Move to iOS)

らくらくスマートフォン(F-08E)からiPhoneへの機種変更(移行)はなかなか情報がないので、簡単なメモ。

出来た事
  • 電話帳の移行
  • 写真(本体とSDカードに保存されていたもの)の移行
  • ブックマーク
出来なかった事
  • LINEの移行(当然)
  • カレンダーの移行
  • メールアカウントの移行

やること

  • AppleからMove to iOSのAPKをダウンロードしてくる
  • らくらくスマートフォン2にAPKをインストールできるようにする
  • らくらくスマートフォンをWi-Fiに接続しておく

Move to iOSをダウンロード

Apple社からMove to iOSのAPKをダウンロードしてきます。基本的にGoogle Play Storeからダウンロードすることを前提にしていますが、グリートファイアウォールに囲まれている中国の方向けに、APKを直接配布しています。

以下よりダウンロード

Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する – Apple サポート 

「こちらの記事」をクリックする。

 

「下载“转移到 iOS”安装器。」をクリックする。

適宜わかりやすいフォルダにAPKを保存してください。その際にAPKファイルの名称を入力しやすいように、簡単な名前にします。

らくらくスマートフォンにAPKをコピーする

らくらくスマートフォンのSDカードにAPKファイルをコピーします。機種により保存する場所が変わりますので、注意してください。

F-12D file:///sdcard/apps/xxx.apk
F-08E file:///mnt/external_sd/app/xxx.apk
F-06Fの人はMoborobo

 

らくらくスマートフォンの下準備をする

基本的に「提供元不明アプリ」をインストールできるようにするだけです。

下記Blogの(8)以降を参考にAPKファイルをインストールします。

らくらくスマートフォンにアプリをインストールする方法 その1 ( スマートフォン ) – いちごちゃんとアイスちゃんのページ – Yahoo!ブログ 

(8)以降を参考にしてAPKファイルをインストールします。

インストール後はらくらくスマートフォンのホーム画面最下部にある「Move to iOS」をタップして、画面の指示に従ってください。Wi-Fiの接続しておくことを忘れずにね!

 

※APKがダウンロードできなくなった時用のバックアップ