「DoCoMo 2.0」の謎

  やじるまWatchの5月15日付けの記事に、DoCoMo 2.0の不吉な読み方があります。

 「DoCoMo 2.0」
   ↓
「どこもにいてんぜろ」
   ↓
「ドコモに移転ゼロ」

  不覚にも半笑いをしてしまったのですが、業が深いというか…  記事中にカッコイイCMってありますが、
カッコイイですか? 1990年代後半のCMを思い出してしまったのですが。昨今流行の70~80年代がスライドして、
90年代になったのか(笑い)

もし、この「謎」がネットで大いに盛り上がり、NTTドコモへのネガティブキャンペーンの格好の材料となってしまったら

 
「DoCoMo 2.0」に秘められた謎? 変換すると「ドコモに移転ゼロ」に。 Narinari.com

 

[追記 2007/5/17]

 代理店に喜んでだまされてるドコモですが、CMのクリエイティブはTUGBOATが作っているそうです。当然ですが、
電通が絡んでいます。
 大前研一さんは以下のように経営学の視点で論評されています。

style=”MARGIN-RIGHT: 0px”>それは、今、ドコモが大々的に広告している「ドコモ2.0」という広告です。

     『そろそろ反撃してもいいですか?』

のキャッチコピーを見て分かるように、この戦略は完全に同業他社に反発し、それを打ち負かすことだけを考えたものです。

こういった考え方を、経営学では、「コンペティティブ・リタリエーション(競合反発)」と呼び、
経営者が選んではいけない戦略の1つになっています。

なぜなら、この考え方は、業界収益をなくし、自分も相手も血だらけになるだけという結果をもたらすからです。

大前研一
「ニュースの視点」WEB:KON162 トヨタの“謙虚さ”とDoCoMoの“傲慢さ”から見える経営の本質

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。