FONを成功させるには。

 前回のエントリー「FONは日本でも流行るのか
であえて触れないことをトラックバックをいただいたので、補足おば。(前回のエントリーは眠いときに書いてるので、ちょっとひどいですね。
ごめんなさい)

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

テクノロジーとマネジメントの狭間に:
踊るアFONに見るアFON-草の根無線LAN「FON」が日本でも始動

・本当にクリティカルマスに到達するために必要な密度を得るためのマーケティング投資を実現できるか。
・FONというプラットフォームを利用してビジネスを展開するような事業者を呼び込むことができるか。

テクノロジーとマネジメントの狭間に:
踊るアFONに見るアFON-草の根無線LAN「FON」が日本でも始動

1点目は、要するに、ソフトウェアをインストールする潜在ユーザーにこのサービスの存在を認知させなければならないということ。

認知を行うためには、そのためのプロモーションが必要。そのためにはお金が要る。

 プロモーション予算はFONがGETした資金(Skype、
Google、その他ベンチャーキャピタルから1,800万ユーロえています
)でまかなうとして、
結局のところFONが日本に対してどれだけCommitするかというところに行き着きます。それ以上に問題なのはプロモーションの浸透度、
すなわち効果です。プロモーションをしてもはたしてどの程度インストールしてくれるでしょうか。
密度を上げるためには数万というレベルでは足りません。

 これについてはウルトラCが存在します。日本のコンシューマー向け無線LAN No1メーカーBuffaloの買収、
もしくは提携です。よほどの初心者ユーザーでない限り、ファームウェアのアップデートをしますので、
このファームウェアの中にFONのシステムを組み込んでおけばOK。基本路線はアフィリエイト(=Bill)としておき、
無線LANルータのWebUIでAgreeすればFONを開始する。当然ISPが嫌悪を示すはずなので、キックバックする。

 Cisco SystemsがLinksysを買収した要した金額は約5億ドル。
LinksysはWW無線LANマーケットシェアが約30%程度あり、Buffaloが7%前後で推移していますので、
単純計算で無線LAN関連部門の買収は約100億円程度でいけるかと。(当然ですが、
その会社の未来の収益に対して買収金額をはじき出しますので、あくまで仮定の金額です。Buffaloの平成18年3月期の無線LANの売り上げ比は17.3%ですが、
収益の低さを考えるとあまり高い金額はつけれないでしょう。)

 提携であれば、インストールされるごとにインセンティブを払うなど(要するに、
PCメーカーとNortonなどのAntiVirus系の契約と同じ)の比較的安いコストでできるでしょう。

 

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

テクノロジーとマネジメントの狭間に:
踊るアFONに見るアFON-草の根無線LAN「FON」が日本でも始動

2点目は、さらにクリティカルな問題のような気がしている。というのは、
現時点でこのサービスに乗っかろうとしているのは消費者のユーザーだけになる。
これだけだとプラットフォームとしては成長の推進力を失う。プラットフォームが成長するためには、
このプラットフォームを利用して儲けたいと考える事業者が寄ってくることが必要と思う。各種のネットポータルやi-modeなどでも、
事業者のエコシステムをいかに作り上げたかがその成長のポイントであったはず。 

 実はココが一番致命的。前回のエントリーで肯定的でないのはこの部分に由来しています。
FONはコンシューマー向け製品にインストールするので、設置場所の多くはご家庭が占めます。しかし、
ユーザーの利用したいところは繁華街や公共機関/公共交通機関などの、ご家庭とは縁のない場所になります。
前回のエントリーで飲食店と商店にタダでも配れとしたのは、このギャップを埋めるためです。

 ビジネスとして成功するためには、有料課金ユーザー(Alian)を増やす必要があります。
しかし現在のシステムではエンタープライズユーザー(ちゃんとしたInfomation Technology
Divisionのある会社)には利用しづらいので、いわゆるビジネスコンシューマー
(会社の仕事のために自分の財布で負担してくれる人のこと。携帯電話などでは結構多い)をいかにしてくどくかが鍵になります。

 「事業者のエコシステム」については、かなり厳しい。設置されたルータごとの地域属性を元に接続ユーザーに地域情報(=広告)
を提供することは可能だと思いますが、ドライブするための原動力にはなりえないと思う。
GoogleやSkypeとのアライアンスを言及していますが、これは理にかなっています。検索クエリーをGoogleに誘導して稼ぐ。
一つ一つは小さな金額ですが、パイが大きくなれば十分な金額になるでしょう。
(FirefoxはGoogleに誘導する検索クエリーで結構な金額を稼いでいます)

  近い将来、Mbpsレベルのパケット通信が安価ももしくは定額で利用できるようになるでしょう。
優位点は通信スピードと現在サービスとしてスタートできるというところにあります。
早く普及させないとFONそのものがポシャッてしまいます。

NHKはどうあるべき?

 テレビ朝日の朝まで生テレビで、NHKについての討論があった(っていまやってる)ので、NHKについておもってること。

 NHKは4つの会社に分割すべきだと思う。
 すでにNHKの公共放送としての役割は終わっているので、分割民営化する。
政治からの介入は明らかに弱いNHKに公共放送の意味はあるのでしょうか?

 民放も建前上は公共の福祉を増進すると謳っているので、公共的なものと自ら宣言しているわけです。なので問題ないでしょう。

  • 基礎技術開発会社
     現在のSONY、Panasonicの放送技術があるのはNHKによる技術開発ならびに需要があったためだと思う。
    周辺への波及効果も高いため、基礎/先端技術開発は継続して行うべき。
     資金は民放各社からの出資によりまかなう。
  • 外国向けプロパガンダ用放送局
     日本経済をドライブするためには、諸外国が日本のライフスタイルを真似てクォリティの高い日本製品を購入するきっかけが必要。
    そのために各言語で日本人の等身大ライフスタイルを紹介し、購買意欲を創造する。
    北朝鮮/韓国/中国向けには思想統制の愚かさを加味した内容にする。
     資金は税金を投入する。
  • 国内向け放送局
     現行のNHKの放送を行う会社。完全民営化し、さっさとCMを流すべき。
     NHKエンタープライズなどのNHKグループ子会社を吸収し、NHK以外に流れていた資金を内部に戻す。
  • ブロードキャスト会社
     現在ではそれぞれの放送局が自前で中継用の放送設備を用意しているが、
    これを代行する会社。重複投資を抑制し、新しいテクノロジーの導入を促す。
     資本は利用放送局各社からまかなう。

 

「フォスターシティ日記」が終了しました

 サンフランシスコから車で30分、南に下るとそこは「フォスターシティ」。「そしてここに辿り着いた…。」
とfostercityさんの日常系Blog「フォスターシティ日記」が終わってしまいました。
フォスターシティはこのBlogをごらん多くの方は、サンフランシスコとSan
Joseのちょうど中間ぐらいといったほうがわかりやすいでしょうか。(San Jose → Mountain View → Palo
Alto → Redwood → Belmont → Foster City。
92と101が交わったところを橋のほうに行ったところです。たしかSan Mateo Bridgeだったかな?)

 過去ログが削除されているので不確かですが、日本→グアム→フォスターシティと半端じゃない距離を移動し、
現代の遊牧民のような生活をされているfostercityさんの、時には笑い、時には懐かしみ、
相方さんを慈しむ姿が浮かぶBlogでした。

 突然の終了で驚いていますが、楽しいBlogをありがとうございました。
 また気が向いたら戻ってきてくださいね。

FONは日本でも流行るのか?


あなたはLinus?それともBill?–草の根無線LAN「FON」が日本でも始動 – CNET
Japan

 スペインに本社を置く無線LANサービス事業者のFONだ。
ユーザーが自分で公衆無線LANスポットを開設できるルータ用ソフトウェアを無料で提供する。

 FONは広告を一切出していないが、ブログ上で話題になってユーザーが増えている。現在、
世界中で2万9000人以上のユーザーがいるといい、日本でも40人ほどがすでに登録しているとのことだ。

 ハイ、その日本のその一人(Fonero)です(笑)

 FONに参加するには、FONから提供される市価の半額程度で購入できる無線LANルータを使用するか、
対応している無線LANルータのファームウェアを書き換えることで可能になります。FONから提供されるルータおよびファームウェアは、
マーケットシェア世界NO.1のリンクシスWRT54Gシリーズのカスタムファームウェア、
OpenWRT」をベースに作られており、
非常に高機能なファームウェアです。書き換えも非常に簡単で、
メーカーから提供されるファームウェアと同様にWebブラウザを通して行います。
無線LANルータのファームウェアアップデートページからアップデートするだけです。迷うことはありません。
DD-WRTはBroadcom & Linuxベースの無線LANルータであればメジャーなものは対応しています。
アメリカのリンクシス、日本のバッファロー、
台湾のASUSといったその市場で高いマーケットシェアを持っている会社の製品に対応していますので、入手は良好です。

wrt 設定画面が現在英語オンリーなので、英語に抵抗のある人には敷居が高いかもしれませんが、
WAN側(インターネット)の接続設定と設置者のFONユーザーを登録さえすれば、設定は完了です。

  ただし、パソコン以外に接続された無線LAN製品を無線LAN接続する場合には、注意が必要です。
インターネットにアクセスするためには必ずWebベースの認証をする必要があるので、こういった製品では通信できなくなります。
DD-WRTのV24ファームウェアではマルチSSIDが実装されるので、
こういった機器をも持っている場合にはしばらく待ったほうが懸命です。また、無線にWEPなどの暗号がかかっていないので、
セキュリティを気にする人は別途対策する必要があります。(無線は別セグメントになっています。)

 個人的には面白い取り組みとして非常に興味のあることなのですが、普及に向けて必要なことは個人ユーザーの取り込みよりも、
飲食店ならびにSOHOユーザー(個人商店主)であると思います。

 FONの想定する利用ユーザーが見えないのでなんともいえないのですが、無線LANを必要とするのはコンシューマーよりも、
大小問わずコーポレートユーザーになりますので、ある程度商業が集積された場所での利用が多いでしょう。
住宅地での利用は少ないのではないでしょうか。住宅地で利用の多そうなオンラインゲームユーザーはレイテンシを重視しますし、
ユーザーへの課金関係から選択肢に入らないでしょう。(課金は携帯でするっていう手もありますけどね) 飲食店/個人商店に設置しておけば、
飲食店での無線LAN利用は当然として、近隣の駐車場/座れる場所での利用は十分可能です。

 普及のために飲食店/個人商店にタダで配って、有償利用ユーザーが機器代金相当利用するまで利益分配は行わない。
サービスとして提供するので可用性確保のために、交換用機材を事前に送付しておき、問題が起これば交換する。
コンシューマー向けの安い機械を使っているのだから十分可能でしょう。

 何はともあれ、広まれば非常に便利になるものなので、期待しましょう。

今日の出来事

■au(KDDI)がんばってます
 auの特定機種を1年以上使用していると、A4サイズのカタログ状のDMが送られてきているようで、
特定機種への機種変であれば3,150円値引きのオファーがついてきます。

 まぁ、ここまでであれば普通のことですが、電話までかかってきました。DM到着の確認といかがですか~と機種変の勧めがありました。
今年2月にも同じようなDMが着ており、2回目だったので機種変をしようとよくDMを確認すると、「W41CAが対象外」。ダメじゃん。

 春モデルでFelicaが使えるのはW41SとW41CAだけですが、W41Sはキーが小さすぎるのでパス。
W41TはHDDつきですが、でかすぎて持つ気にならず。neonは片手で開閉しづらい&厚すぎる。と、いうわけで夏モデルまで待とうかと。

 

■ペリカーノ ジュニア / ペリカン
hand  ペリカン ペリカーノ ジュニアはお子様向け万年筆。 1,200円とは思えない書き味で、
3,000~5,000円相当に感じます。

 ペリカン ペリカーノジュニア Pelikano Junior ブルー

 購入した理由は、適切な持ち方に矯正するためのガイドがあるからです。なぜ今頃矯正という感じですが、筆圧を下げるためです。
万年筆は筆圧が高いとペン先が広がって字がかけないので、自然と筆圧をコントロールするようになりますし、
ガイドで常に適切な持ち方に矯正されます。pen

 ペンとしての本質ではありませんが、見た目はスケルトンで1,200円という感じには見えません。ちょっと安っぽい。しかし、
それを補うほど書き味は抜群です。キャップにはクリップがないので、ペンケースが必要ですね。

 最近のブルーブラックインクは染料だけで構成されているようですね。本来のブルーブラックインクは、
インクが酸化することにより紙に定着します。故に耐光性/耐水性が他の水性インクに比べると高いわけです。しかし、
以下の引用のようにコストリダクションの影響からか、残念な結果になっています。詳しくはフルハルターさんのWebで確認してください。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

インクの王道ブルー・
ブラック-光と影- その1 / 万年筆専門店フルハルター

 昔、万年筆のインクといえばブルー・ブラックが王道だった。これはボールペンが登場する前のなごりで、
公式書類を万年筆で書いた時代が日本にもあったからであろうか。そのような時代、一番苦心されたのは、インクが雨で流れたり、
古くなって消えてしまったりすることであろうことは想像に難くない。しかし、ブルー・ブラックは永遠に消えない。そんな神話があった。

インクの王道ブルー・
ブラック-光と影- その2  / 万年筆専門店フルハルター

 万年筆用に作られたブルー・ブラックは、第一鉄イオンが酸化して第二鉄イオンに沈殿することを利用して作られている。つまり、
無色透明の酸化鉄溶液を万年筆に入れて文字を書くと、書いたときには透明だが、
しばらくすると酸化作用によって黒く文字が浮き上がってくるのである。しかし、
それでは不便なので青い色を染料として付けたものであるという。色合いが染料の青と化学作用によって作られた黒が混ざってブルー・
ブラックという色になっている。だから理論的には、書いた時点では青と黒の間のような色合いであるが、時が経つと黒だけが残る。そして、
この黒は水にも強く、消えないという。これが本来のブルー・ブラックの組成だそうだ。

 いががであろうか? 消えない、という神話は崩壊した? 多くのメーカーのインクが色落ちしている。
 まず、耐光性テストだが、Montblanc(ボトル,カートリッジ),Private Reserve,
Sailorが比較的色落ちしていない。Platinum,Pilot,OMAS,Sheafferは見るも無惨に退色している。

 次に、耐水性テストでは、Pilot,Private Reserve,Pelikan,Montblanc(ボトル),Athea
ink,Sailorが比較的色落ちしていない。逆にWaterman,Parker,Montblanc(カートリッジ),OMAS,
Sheafferは見事に色落ちしている。水道水で洗うときインクが流れるシーンを映像でお見せしたいぐらいである。

 

■女王の教室の番外編
 放送後、1ヵ月後に見ました。あんな過去があったなんて。気道確保してきちんと人工呼吸してました。感心感心。

最近細かく買ったもの

■エンボス加工つきフライパン
 EPA(Environmental
Protection Agency )
にテフロン加工されたコンシューマー向け製品製造時に使用される、ペルフルオロオクタン酸
(PFOA)という助剤の発がん性リスクに関する報告があります。EPAが結構大き目の特設ページを作るぐらいなので、
リスクはかなりあるのでしょう。(普通だったらリリースページ1枚ぐらいですから。ましてや化学系の会社を敵に回すことなります。)

 最終製品には含まれていない/調理では溶け出さないとかかれていますが、

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

WEBニッポン消費者新聞
– デュポン製テフロン助剤PFOAは「おそらく発がん性物質」=米環境保護局、毒性のリスク評価
 日本でも、
京都大学大学院医学研究科環境衛生学分野の研究チームが関西地方で人の血液から高濃度のPFOAを検出している。

 と、何らかの形で摂取されているようですね。

 もっとも身近なテフロン製品というとテフロン加工されたフライパンなので、自宅の調理器具からリプレース。とはいえは、
他で食べる場合は利用しているでしょうから、あまりリスクが下がるとは思えません。それよりも一部の添加物の摂取を控えるほうが、
有用だと思います。

Fly Pan  購入したのは、軽いダイエットをしているので少ない油分で調理できるエンボス加工されたフライパン(26cm)。

 確かに鉄のフライパンに比べてこびりつきづらい。鉄なので重いのですが、強い火力で調理できるのでおいしく調理できます。
あとはフライパンを育てるために、細かいメンテナンスが必要ですが、買って良かったものです。

 

■京ぽん2
 京ぽんを使用していたので、京ぽん2にリプレース。京ぽんにあった多くの不満点が解消しています。
実行速度の向上やメモリー容量の増大など。全画面ブラウザのためだけに機種変する価値はあります。

 ちなみに、なぜ京ぽん2なのか?と聞かれると、いえることは「クリアキーの挙動が一定しているから」です。「クリアキー」って
「一つ前の状態にもどる」「上の階層に戻る」に割り当てられることがおおいのですが、この原則を守らない携帯が多い(洋ぽんがそうだった)
中、守っているので。だからVodafoneは買えないんですけどね。

良かった点

  • メモリー増量
    • 実はこれが一番うれしい。少なくとも3日はメールを保持できる程度の容量になっている。
  • 実行速度向上
    • 一昔前の携帯程度のスピードに。やや、もたつく感じはしますが、許容範囲。
  • 日本語変換がまともになった
    • 単漢字変換から連文節変換程度の飛躍はした感じ。ATOKに比べると月とすっぽんでひどい変換をしますけど。
  • 全画面ブラウジングが可能になった
    • 隠れたメリット。上部のインフォメーションと株のソフトキーの表示部分もブラウザが利用可能。
  • (別売のミュージックプレーヤーを買えば)MP3を着信音にできる
    • 着うたないから当然でしょ。でも自分で編集できるのはうれしい。

悪かった点

  • 電波感度が悪くなった
    • 京ぽんで5本なのが、京ぽん2は3~4本を行ったりきたり。
  • でかい/重い
    • 今の携帯よりも重い/デカイ。最悪。
  • カメラの画が汚い
    • 腐ってます。2年前のCMOS携帯の画質以下。記録程度には使えます。青を映して紫になるのはいかがなものかと。
  • 相変わらず表示用フォントが微妙
    • FONT Avenueは小さくすると見づらいような。

 ウィルコムをお持ちの方、ウィル友になりましょう♪ お気軽にSkypeからお尋ねください。

 

 

 

 

 

日本政府じゃできない観光局の宣伝

 スイス政府観光局の宣伝ですが、なかなか、腐女子向けのようで。下の引用のような人が観光局のWebにあります。
日本政府じゃできねーな(笑)

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

guys
livedoor ニュース トピックス サッカーに興味がない女性は”イケメンの国”スイスへ!
=政府観光局がCM

この夏のドイツW杯の期間中、サッカーに夢中の男たちに放って置かれる女性たちをあてこんで、スイスは国を挙げて、
「セクシーな男たちの国にいらっしゃーい!」キャンペーンを始めた。

続きを読む 日本政府じゃできない観光局の宣伝