Cobalt RAQ4に切り替えた

 このWebを送り出しているサーバーをSun
Cobalt RAQ4
に切り替えました。ここ数年夏を過ぎたころにサーバーのHDDがお亡くなりになることがあったので、
自作からサクッとリプレース。Cobalt3

  選択理由は。そう、デザイン。コバルト色の筐体が物欲をそそるんですよね。

 以前はVIA
EPIA-M10000
を使ったものだったので、はっきりいってパフォーマンスはガタ落ち。VIA Nehemia
1GHzからAMD K6-Ⅱ 450MHzに落ちていますが、それ以上にHDDの温度は激減。
室温24度の条件化で40℃前後に落ち着いていたものが27℃にまで落ちました。

 メモリーを512MB、HDDを120GBに入れ替えて、debianをインストール。
自家サーバーとして使う分には十分なパフォーマンスでしょう。

 電気料金を計算してみると、年簡約9,500円とまぁ、妥当な金額。(本来の最大消費電力は50Wですが、
パーツを交換していますので、60Wで計算しています)

条件:東京電力 電化上手
(時間帯/季節別電気料金プラン)
tepco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。