お引っ越しを検討中

最近、地震(^^;がおおいので、引っ越しを考え中。とりあえず、まずは地盤調査おば。基本的に東京の東側はお勧めしません。昔から栄えている所は地面が砂地というところが多いんですね。

↓の地名にまつわる話を見て軟弱地盤マップを見ると、結構納得します。

地盤調査・保証の日本住宅保証連合会
http://www.jhr.or.jp/01user/01jiban/01.html

軟弱地盤マップ(りそな銀行)
http://www.hg.ea-plus.com/hg/

軟弱地盤マップは元ネタのジオテックが一般公開しているものより見やすいのでお勧めです。

さぁ、がんばろ。

車輪の再発明

百式さんのWebにTripStallker.comのエントリーが掲載されていた。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


百式 – 継続検索 (TripStalker.com)
旅行に行くと決めたときどうするか。

普通は検索エンジンでいいツアーがないかな、などと探すだろう。そしていいものが見つかればそこで購入する。しかし、
まだ時間に余裕があったり、他にもいいものがありそうだ、と思ったときには後日また検索することになる。

しかし何回も同じ検索をするのはなんだかなぁ、である。

そこで登場するのがTripStalkerである。

このツールを使えば、検索条件を入れておくだけで安いツアーを自動で探し続けてくれる。
それこそあなたが寝てる間にも検索しつづけてくれるのだ。

既視感を覚えたので検索してみると、ありました。「たびcan」です。

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

IBM
希望条件に合った最新旅行情報を即時検索して予約 – IBM Japan

  インターネットが発展するにつれ、旅行情報を提供するホームページの数は急 増しています。しかし、
インターネットのツアー情報は、利用したいパック・ツ アーを探すたびに、希望する国名や目的、価格、期間といった旅行条件を入力し
なければならず、目的の情報にたどり着くまでに時間がかかることが問題点とし て指摘されています。また、
条件に完全に合致したツアー商品のデータがない場 合、「該当する商品はありません」と単純に拒絶されてしまい、初めから条件入
力を繰り返さなければならないため、情報提供者にとって、販売機会の大きな損失となることも問題です。

   「たびCan」は、IBMの移動エージェント技術「Aglets(アグレッ ツ)」
を利用してこれらの問題を解決した電子モールです。モールに接続したお 客様は、希望する検索条件を、
自分専用に与えられる利用者用の移動エージェン
トに一回登録すれば、エージェントが24時間まで条件を記憶します。このため、 24時間以内であれば、
モールに接続するたびに検索条件を入力する必要はなく、 自分の希望する条件の複数の旅行代理店の最新データや発生したキャンセル情報
などを即時に検索することができます。また、電子メールによる検索結果の通知 サービスも利用できます。

   「たびCan」は、移動エージェントの利用により、類似条件のデータを検索
できるリコメンド機能を持っていることも特長です。同機能により「12月出発
のハワイ4日間10万円のツアー」という条件で検索されたお客様は、合致する
商品がなかった場合、例えば「ハワイ5日間12万円のツアーですが、ショッピ
ングの割引券がつきます」というようなアンサーを出すこともできます。

 TripStalkerとの違いは24時間に制限されているぐらいなもので、メールでお知らせ機能も装備していました。
約10年経った今、同じようなサービスが出てくるというのは、コンピュータリソースの過剰なまでの増大により可能となったといえるでしょう。
(24時間に制限されていたのは、当時のコンピュータリソースが貧弱だったためと記憶しています。)

 日本でも似たようなサービスをやってくれないかなぁ。

 参考リンク:Aglets
Project