すごい破壊力 iPod shuffle 7,900円

style="MARGIN-RIGHT: 0px">


1GバイトのiPod nanoが登場、
iPod shuffleは7900円からに
– CNET Japan

 アップルコンピュータは2月7日、小型携帯音楽プレイヤーのiPod nanoに1Gバイト版を追加すると発表した。合わせて、

iPod shuffle
の価格を改定し、7900円からとすることも明らかにした。

 1Gバイト版のiPod nanoは2Gバイト版や4Gバイト版と同じ機能を備え、最大240曲の楽曲、
または1万5000枚の写真を保存できる。色は白と黒の2種類がある。重さは42g、
大きさは長さ90mm×幅40mm×厚み6.9mmで、ほかのiPod nanoと変わらない。

 iPod shuffleについては、512Mバイト版が7900円、1Gバイト版が1万1900円となる。

 1GBのUSBフラッシュメモリーが約9,000円なので3,000円足すとiPod shuffle 1GBになるという罠。 すごい破壊力。さらにiPod nano 1GBは思いっきりソニーを引き離しにかかってますね。

 



 

続きを読む すごい破壊力 iPod shuffle 7,900円

OpenIXP登場

最近多くのコンピュータ製品にLinuxなどのオープンソースを利用した製品が登場しています。オープンソースを利用した製品の多くはGPLに準拠しており、製品供給者は利用者の求めに応じてソースコードを公開する義務があります。

特にブロードバンドルータなどのネットワーク製品はLinuxの採用率が高く、リンクシスやバッファローなどコンシューマ向けネットワーク製品の大半はLinuxで動作しています。

この公開されたソースコードをハックするユーザーが出現し、有名どころではリンクシスの無線LANルータWRT54Gに多くのカスタムファームウェアが作られています。不満がある部分は改良され、機能強化が行われています。

そしてついに、WRV54Gにもカスタムファームウェアが登場しました。OpenIXPと呼ばれています。OpenWRT Kamikazeの機能をターゲットに開発されています。

現実にはWRV54GにJTAGを通してシリアルを出してコンソールからファームウェアを転送する必要があるので、かんたんにファームウェアのアップデートはできませんが、期待が持てます。


OpenIXP