人口カバー率の功罪

携帯の「人口カバー率」ってよく聞きますよね。
キャリア(ドコモやauのようにサービスを提供する会社)が盛んに人口カバー率9x%!って宣伝しています。、
これを見てどこでも使えるんだと錯覚しがちですが、この数字/定義が結構いい加減です。

人口カバー率の定義は、
市町村の市役所や村役場などの行政サービスを行っている本局がエリアであれば、その市町村全域の人口が人口カバー率に組み入れる。
というものです。(現行エルクマーク法)

厳密には一定以上産業が集積している地域や、ある程度の規模の観光地もエリアでなければ、人口カバー率に組み入れられませんが、
地方の主要産業は「行政サービス」という現実である以上、
行政サービスの周辺に人口が集中していることも多いので、モータリゼーションが進む以前であれば、有効な指標といえたでしょう。

しかし、現在は高層ビルの増加やコンクリート建築の建物が増加した影響で、電波の届かないデット・スポットが多く発生しており、
エリア内のはずが使用できないケースが増えています。

携帯の監督官庁である総務省もこの人口カバー率については、一考する必要があると考えており、「 “http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/021001_1.html”>携帯電話サービスにおけるエリア整備の在り方に関する調査研究会」
なんてものを作って、定義および定義の変更を行おうとしているが、いまいちな感じ。

いっそのこと、最近の携帯についているGPS機能を利用して、
通話時のGPS位置情報を利用して利用可能エリアとしてWebに公表した方が、精度の高い情報が利用出来ると思う。また、
店舗などでは簡易電測&利用可能ポイントとして登録できるiアプリやezアプリなどをフリーでダウンロードさせて、
電波状況を登録させれば充実するだろう。

やりませんか? ドコモさん。

続きを読む 人口カバー率の功罪

ひかり電話は災害時にはダメか。

NTT東日本の「ひかり電話」。Bフレッツを利用したIP電話ですが、マンションタイプを利用している場合には、注意が必要かも。

ADSLやNTTの光ファイバーを利用したインターネットは、停電時にもバックアップ電源で経路上の通信は保証されていますが、マンションタイプに関してはこの限りではないようで。

先日マンションの電源室の工事があって、2時間程度停電がありました。家の通信環境はサーバなどを運用しているので、すべてUPSに接続し、常時電源を供給していますので、停電の影響を受けません。(サーバは電力を非常に使うので、自動シャットダウンされます)

停電時に経路が生きているかどうかを確認するために、ひかり電話を利用しようとしたところ通話が出来ず、諸処確認すると、VDSLモデムの物理層のリンクが切れていることがわかりました。

電力が復旧して数分で、インターネットへの通信が回復し、ひかり電話が利用できるようになりましたが、まだまだ本当の意味での電話の代替えにはなりきれていないことを痛感。

一応NTTの弁護のために一言。
マンションの電源が落ちて1時間半後にNTTのおぢさんたちが来てました。確認のために。っつーか、TEPCO、NTTに連絡しろ。

MovableType 3.2にするとubicastが動かない

まっさらな環境にMovableType3.2をインストールすると、ワープロのように記事を作成できる Ubicast Bloggerが「Invalid Logon Error」とでて、接続できない。

調べてみると、仕様変更があり、
XML-RPCを利用した投稿時のユーザーパスワードがWebからマニュアルログインするときのパスワードから、
API用のパスワードを設定する必要がある。

設定は以下の通り。

  1. システム管理権限を持つユーザーで管理設定画面にアクセス。
  2. 「システム・メニュー」をクリック。
  3. 「システム-投稿者」をクリック。
  4. Ubicastでアクセスする必要のあるユーザーをクリック。
  5. 「APIパスワード」にパスワードを入力。
  6. Ubicastのパスワード欄に「APIパスワード」で入力したパスワードを入力。

人生、宇宙、すべての答え = 42

japan.internet.com : グーグル、電卓機能強化で「人生、宇宙、すべての答え」にも回答

Google電卓で「人生、宇宙、すべての答え」を検索すると、なんと、↓のように。

人生、宇宙、すべての答え = 42

深いなぁ。
すべての事象が「42」になるなんて。

元ネタは「The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy」に出てくるコンピュータの計算結果なんだけど。

人類が自分自身の源を探求し、未来について考える。人類に認知能力、創造力、そして好奇心があるから出来るわけだけど。

バックアップは重要ね

16年分のデータが全部パーになりました。(涙)
ぃぁ、マジで。

玄箱HGでこのWebを運用していましたが、HDD (Maxtor 6L200P0) が熱でやられたらしく、お亡くなりに。

niftyのパソコン通信時代からのメール、写真、スケジュール、住所録、pdf化された書類、アプリケーションインストールイメージ、シリアルNo。全部消えました。

と、言うわけで、3ヵ月ぐらい連絡していないヒト、メールください。
(メールはクライアントPCに保存しない(imap)ので、古いのは残ってないのよ)

e-mail webmaster(あっと)kwmr.co.uk

(あっと)は@に変換してね。

NW-MS70Dを修理に出した

ちょうど2年前に買ったメモリースティックウォークマンNW-MS70Dを何度も落とした結果、壊れたので修理に出した。
(本当に使い方が荒いのよ。)
秋葉原にあるソニーサービスステーションにさくっと修理に出すこと3日後、サービスステーションから電話が。

「破損しているので、有償部品交換が必要。Sony Style(ソニースタイル)で購入しているので保険が利いて無償修理になる」とのことなので、
そのまま修理Go!

修理から戻ってくると、 交換部品↓がついてきた。って、メイン基盤でした…。 高そう~
壊れた部分は… 「コネクタ」。 液晶との接続コネクタ。中国だったらコネクタだけ交換しそうな感じ。

IMGP1385

スキャン0011
スキャン0012

ついに禁じ手が… ボーダフォン 通話定額登場

ボーダフォン、4つ目の定額「LOVE定額」導入

ついにやっちゃったのね。
自社内だけとはいえ、特定他者に対して通話料定額を開始。

もともと「家族通話定額」をキャンペーンで10月末まで無料でやっていてあるていどのデータはたまったという上での決断だと思う。1契約2台もしくは複数でのトラフィックは予想よりも少なかったのと、ここ最近の契約数減少で帯域が余っていたというところか。

ウィルコムの広告記事によると、定額制導入者のトラフィックは約6倍にも達する。ウィルコムの場合通話場所のほとんどは室内、定額制利用者の多くは自宅で利用するものと推測されるので、トラフィックの分散も可能になる。

逆説的に言えば、本来2Gから3Gに順調に移行していればこのような施策は自らの首を絞めることであったが、数々の不手際で純減を招いたために可能になったのかもしれない。

最近は純増基調になっているが、問題はその中身だ。ドコモやauと違い、純増数のうち2Gのプリペイドが約10%(2005年6月)、2005年9月の3G率は11.6%となっている。

すなわち、現在の純増のほとんど(約8割は2Gのポストペイド契約、約1割はプリペイド契約)は2Gのままとなっており、他社と一桁違う3G利用者数のおかげといえる。

ウィルコムとボーダフォンの定額の内容は大きく異なっているが、ウィルコムはコンシューマ向けでは打撃を受けるものと思われる。
(ウィルコムはビジネス向けでは力強く成長するだろう)

他社への波及は当面ないとは思うが、ボーダフォンの最後の切り札を出したといえる。

参考記事:音声定額で変わるビジネスコミュニケーション[pdf]
参考記事:WIRELESS JAPAN 2005 – ウィルコム増速ロードマップは今年中に384kbps、来年後半に768kbps

ちょっと便利 MovabetypeのテンプレートをDreamWeaverで編集

ちょっと便利 MovabetypeのテンプレートをDreamWeaverで編集
最近ちょこちょことこのBlogを更新しているので、そろそろ見栄えをきれいにしようと思っていても、Movabletypeのテンプレートタグをエディタでガシガシ書くのは、かなり面倒くさい。

ちょっとググって見ると、みんな同じように思っているらしく、Dreamweaverでお手軽に編集できるようにしている人発見。

HTML Editor extensions for MovableType

↑からDreamweaver用の機能拡張をダウンロードしてインストールするだけで、Dreamweaverで本来はエラーになるMovabletypeのタグをきちんと認識してくれます。

本当にちょっと便利。(年に何回も使わないけど)