INDEPENDENCE DAY

原題 INDEPENDENCE DAY(インディペンデンス・デイ)
著者 Dean Devlin, Roland Rmmerich, Stephen Molstad

インデペンデンス・デイ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/11/12)

「宇宙に存在する知的生命体はわれわれだけなのか… その疑問がついに、解かれた!」と始まるこの本は、映画をノベライズ(小説化)した作品。 当時アップルコンピュータが協賛している。

元が映画なのでテンポよく進み、人をひきつける面白い小説。SFお約束の異性人侵略もので、SF好きならば好きなフィーチャーが随所に出てくる。SETIや なつかしのV を彷彿とさせる巨大宇宙船など。

途中でスターゲイト SG-1のダニエル・ジャクソン博士が文字の解読できなかったという一説がわかる人にはおかしいかも。

ブランドの価値

ブランドとはなんでしょうか?

名を表すもの? 品質の証明? あるだけで心を満たすもの?

ブランド品を所有することによる喜びは

有形無形を問わず、身近にブランドのものは多くありますが、人によってブランドの定義は異なります。

日本人にはPanasonicはブランドのイメージはありませんが、他の地域に行けばPanasonicは強力なブランドです。

私の考えるブランドとは、

「まったく同一デザイン、同一品質、同一機能の製品がブランドのロゴを付けることにより、他のものより高く販売できること」

だと思っています。

とある人が非常にブランドにこだわっているのですが、いまいちピンぼけしていて、なんだかなぁと 思うことが多々あるのです。

占い

心の空模様テスト(占い)をしてみた。

曖昧モラトリアム夕暮空
ly-cl05.jpg

 明日の天気はいったいどうなるの? 曇りのようで曇りでなく、晴れのようで晴れでない、微妙であいまいな空。とっても美しいたそがれ時には、ついついぼうっと空を眺めながら昔の思い出にふけってしまう。明日は明日の風が吹くって信じたい。でも、晴れるのか、はたまた曇るのか、それすら今はわからないのです。これが今のあなたの心境&運命。それだけに、物事を決断しようにもハッキリせず、「もう少し様子を見てから」なんて思ってしまうでしょう。
でも大丈夫、この状態はそうそう長続きはしません。なぜなら、周囲の人間関係や状況の影響を受けて、変化しやすい状態なのです。でも、どういう影響を受けるかは、接近してくる相手次第。くれぐれもトラブルメーカーとは関り合いにならないように。

う、リアルすぎて、何も言えない。 1年ぐらいこんな気持ちなのだよ。ふう